エッセイ ③Supplemental Essay

国際関係大学院で提出が求められるエッセイは①Statement of Purposeと②Policy Memoの2つだけというのが主ですが、大学院によっては③Supplemental Essayというものを課題として出して、主要な2つのエッセイだけでは把握できない出願者の人柄について知ろうとします。

内容は複数の課題から好きなものを選ぶものであったり、Statement of Purpose等のエッセイで表現しきれていないと考える部分を自由に論述するというものであったりします。

例1: The Fletcher School of Law and Diplomacy, Tufts University

Supplemental Essay (500 words, single-spaced, Times New Roman 12 point font)
Choose one of the following essay topics to tell the Admissions Committee something about you that does not fit
elsewhere in the application:
a) Share something about yourself to help the Admissions Committee develop a more complete picture of who you are.
b) Tell us more about how you first became interested in international affairs, or in pursuing an international career.
c) Describe the elements of your personal, professional, and/or academic background that have prepared you for your chosen career path.

この大学院では、a) 出願者の人物像、b) 国際関係に最初に興味を持った経緯、c) 選択したキャリアパスのために自分が職業や学業で準備してきた内容、の3つの選択肢を提示し、出願者に選んで書かせるという形式を取っています。他のエッセイの補完的エッセイという位置付けですので、出願書類全体のバランスを考え、Statement of Purposeで触れていなかった部分を詳述できるものを選ぶことが望ましいです。

僕はb)とc)についてはStatement of Purposeに詳しく書いたので、a)で自分の課外活動経験や性格について書きました。

例2: School of Public and International Affairs, Columbia University

◦Personal statement - broken into three parts
1) Please elaborate upon your professional goals and how has your prior employment/volunteer experience helped to prepare you to meet these goals? Your response should be no more than 400 words.
2) Describe what you consider to be your most significant past or present contribution to a community. Your response should be no more than 400 words.
3) Please provide any additional information about yourself that you would like to share with the Admissions Committee. Your response should be no more than 200 words.

この大学院はエッセイを合計1000語の一まとまりのものとして記述するように求めています。1)で職務経験が今後のキャリアゴールにどう活かされるのか、2)でコミュニティ活動における経験を400語ずつで説明させ、3)で1)と2)でカバーできていない出願者の情報を説明するように求めています。補完する情報としては、出願先の大学院に対する熱意や自分の人柄、国際関係に対する関心といった履歴書や1)、2)のエッセイでは書けない定性的なものがあると思います。

僕は例1と同様に過去の経験に基づいた人柄の説明を行いましたが、大学院への熱意や国際関係に対する強い関心を示してみるのも友好だと思います。
[PR]
←menuへ