English Village ②

English Villageの2回目のレッスンに行ってきました。
今日はBrianという先生で、突っ込まれまくって撃沈しました。

先生は最初名前を告げた後黙っていて、こちらからの切り出し方や自己紹介を無言で待っていました。かなり戸惑って一応行った自己紹介や進め方に関する話もうまくいかず、少し焦りました。一応前の先生とやったようなニュース記事に関するディスカッションも用意していたのですが、前回までのレッスンに関わらず先生自身の進め方でやるとのことで、テキストを使ったレベル再チェックと、テキストに基づいた授業を行いました。

前に受けたMikeという先生からは、National Public Radioというウェブサイトからニュースを取って、リスニングをした上でテキストを持参するという内容をアドバイスされていたのですが、完全にひっくり返されてしまい、今後進めていく1回1回のレッスンのつながりについてかなり不安を持ちました。

まだ2回目だったので、前のレッスンの内容がどう引き継がれて次の先生が授業を見るのか分からなかったのですが、授業ごとに任意に先生が進め方を決めるようです。

ただ、細かく見てくれる先生だったので、厳しさが苦痛ではありましたが、指摘された内容は納得のいくものだったので、今後に活かしていこうと思います。言われたのは主に、

① 質問に対し端的に明快に話す
② 発音(th、sh)に気をつける
③ 話し方をStiffに(堅く)しすぎない

ということでした。

次回どうレッスンを進めていってもらうかという悩みが浮上してきてしまいましたが、このレッスン自体は内容の濃いものだったので、言われたことを思い返しながら訓練していこうと思います。
[PR]
←menuへ