一週間終了

東京に着いてから一週間が経った。帰国の目的は投資銀行でのインターンに参加するためで、月曜から金曜まで勤務先に出勤し、プログラムのスケジュールに沿ってオリエンテーション等を受けてきた。最初の一週間は主に人事部門が用意したオリエンテーションプログラムを受けることに割かれていたが、それぞれの内容がとても充実していて、参加して本当に良かったと感じた。

月曜日から木曜日までは、各部門のマネージングディレクターレベルの職員がインターン生のために1時間ずつ時間を割き、部門の業務概要に関するプレゼンテーションを行ってくれた。さすが部門のヘッドをやるだけあって、各マネージングディレクターの話しぶりや表情には貫禄があったし、説明も全部門がそれぞれにカバーされていたので、当該投資銀行の全体像と強みがとてもよく理解できた。

他にはプレゼンテーション手法、パワーポイント資料の作成方法、等のテクニカルな講習を受けた。部署に入って仕事を受ける前に必要な知識は一応全てカバーされていて、よくできたプログラムだと感じた。以前参加したインターンの中にはすぐ部署に放り込まれて後は放置という雰囲気のところもあったので、人事部門による手厚いサポートがありがたかった。最初の2週間は結局ほとんどトレーニングになったが、2週間多く部署で仕事をしているよりもこちらの方が配属後のレバレッジが利いて良い内容になると思う。

一週目は部署で長い時間を過ごせなかったこともあって、日本語資料の英訳作業の一部を手伝わせてもらった。この作業が意外に難しく、逐語訳していたのでは英文資料として分かりやすいものにはならない。思い切って意味だけを捉えて簡略な英語で説明するようにすることが必要だった。作業は基本的なものであっても、元の日本語に資料には顧客を説得するために描かれた明確なストーリーが詳細なデータを用いて説明されている。競争を勝ち抜かなければならない中で練られた資料はここまで練られたものなのかと感心させられた。

とにかくインターンプログラムにはとても満足しているので、引き続きがんばっていきたいと思う。それ以外には、せっかく日本にいるので、ラーメンや居酒屋、和食のおいしい店等、日本でしか行けない懐かしいものを求めたり、壊れた国産時計の修理、メガネの購入、歯医者等、必要な作業をこなしていくことにしたい。あと、本についてはこれまでの開発系の書籍から方向転換して、ビジネスに必要なものを中心に読んでいきたい。少し本のジャンルは変わるが、このブログに評価をアップしていこうと思う。
[PR]
←menuへ