イスタンブール観光②

日曜日はボスポラス海峡クルーズというのに行ってきた。イスタンブールは黒海とマルマラ海をつなぐボスポラス海峡の沿岸に存在していて、船で少し北に上ると黒海にたどり着く。このクルーズはいくつかの港に停泊しながらイスタンブールから90分北へ上り、黒海沿岸の港に向かうという航路になっている。ボスポラス海峡はトルコをヨーロッパ側とアジア側に隔てていて、イスタンブールはトルコ側にあるのだが、終着港はアジア側にあるので、これがトルコに来て初めてのアジア側への到達だった。クルーズ船は1日往復しかしないので乗り遅れないように気をつけないといけないが、一緒にクルーズに乗ってきた乗客皆が狭い場所を行ったり来たりしているので、気づかず乗り遅れるという雰囲気ではなかった。

この日も晴れ渡っていて涼しく、絶好の観光日和だった。宮殿やモスクのようにおかしな客引きもいなかったので、気分よく回ることができた。停泊先の港でもう一度サバサンドを食べたのだが、これは初日に橋のたもとのレストランで食べたものと比べ物にならないくらいおいしかった。何が違うかというと温かさとサバをほぐしてあるかどうかぐらいしかないのだが、その2点は味覚にとってすごく重要なのかもしれない。サバサンドを食べながら、観光客のほとんどが目指す頂上の砦に向かって歩いた。年配の人も結構たくさん登っていたが、かなり息切れして足の筋肉が張るぐらいきつかった。60歳ぐらいの人もいたので、よく登ったものだと思う。

終着港付近のレストラン街
a0170095_15115913.jpg


終着港付近の高台から臨む黒海
a0170095_15131914.jpg


ボスポラス海峡から黒海へ向かうタンカー
a0170095_15151454.jpg


ボスポラス大橋
a0170095_15164593.jpg

[PR]
←menuへ