国際情勢

北アフリカ・中東の政治情勢が盛り上がっている。チュニジア、エジプト、イエメン、リビアとどんどん飛び火する形で各国の反体制運動が動き、情勢が目まぐるしく変わって行っている。自分はせっかく国際関係大学院のFletcher Schoolにいるのに、日々流れている情報をネット上のニュースで見ることしかできていない。これはとてもったいないことだと思うのだが、何分試験とレポートを抱えてきつい状態なので、ここで敢えてそれぞれの状況を分析しようという気にはなれない。

せめて国際政治系の授業を取っていれば、そこでペーパーを書いてみるなどして能動的に成果物を作成することができたのだが、ファイナンスやら経済やら全然関係ない科目ばかり取っているので、授業と絡めて分析することはとても難しそうだ。去年25ページのペーパーを書いた経験からライティング力不足を痛感し、国際ニュースの概要とそれに対する自分の意見を書くブログをこのブログとは別に作ってみたのだが、授業が始まってからなかなか手を付けられていない。中間試験後の休みに入ったら、今動いている現政権打倒に関する記事を国別にカバーして書いていきたいと思う。

このブログを読んでくださっている皆様も、もしよかったらこちらのブログを覗いてみてください。投稿頻度が低く申し訳ないですが、チェックを受けているというプレッシャーがあった方が筆も進むと思います。

The Fletcher Tribune
[PR]
←menuへ