English Village ⑨

English Villageの9回目のレッスンに行ってきました。
今日はJohn Koisoという日系アメリカ人の先生でした。

先生に自分の勤務先や業務内容に関する説明をした後、どういうテーマで毎回のレッスンを受けているのかと聞かれたので、大学院の勉強に向けて国際関係のニュース記事を用いたディスカッションをしているという説明を行い、今日もその流れでレッスンを受けました。

今日持参した記事はInternational Herald Tribuneのイラクにおける詐欺行為に関するものでした。海外から流入してくるイラク復興のための資金が個人のギャンブルのつけの支払いや高級車の購入費用のために海外送金されているというもので、調査によって新たに50件のケースが報告されたというものです。

先生からはこの防止策についてどういったものがあるかを問われましたが、自分に知識がなかったため、記事に書かれていた監視機関によるチェック体制の強化を例として挙げました。先生からはこういった行為は他国においても見られるのかと聞かれたので、記事にあったアフガニスタンにおいても同様の事例がある旨を伝えました。

また、アフリカの独裁政権が統治を行っている国々でも同様の事例があることを本で読んでいたので、その話にも触れてみました。先生としてはいくら対策を講じても様々な国で同様の詐欺行為や横領がはびこっていることが痛ましく、その解決策はないように見えるとのことです。残念ですが自分もその通りだと思います。犯罪を防止するには資金援助を行わないことが一番の解決策、という本末転倒な結論にしか落ち着き得ないことが空しさを感じさせました。
[PR]
←menuへ