English Village ⑧

English Villageの8回目のレッスンに行ってきました。
今日は米国海軍で原子力潜水艦に乗っていたというDan先生でした。
現在は埼玉にある入国管理局で入国者に対する語学の訓練を行っているとのことです。

今日はInternational Herald Tribuneのウェブサイトに載っていたアメリカとロシアの間の軍縮条約締結が延期された記事についてディスカッションをしました。

記事の内容は期待された期日までにロシアが軍縮条約に関する合意の準備を行わず、調印予定日直前になって修正案を出してきたため、条約締結が先送りされたというものでした。オバマ政権はメドベージェフ政権の消極的態度に困惑を覚えているとのことでした。

記事の内容について説明した後、先生からはロシアがなぜ条約締結を渋っているのかという質問を受けました。あまり背景を理解していなかったのですが、近年のグルジア侵攻やウクライナとのガスパイプラインに関する抗争のニュースを思い出したので、ロシアと旧CIS諸国との間での軍事的摩擦がある中、軍縮に関する協議を積極的に行いたくない意図がロシア側にあるのではないかと説明しました。

先生はこれに同意してくれ、更にこれまでの米露間の軍縮の歴史や核問題について説明してくれました。国際関係学部出身の元軍人ということでさすが知識の幅が広いなと感じました。

受験に関する説明をしたところ、Johns Hopkins SAISは素晴らしい大学院だから、ぜひそこに行くべきだと言っていました。米国随一の国際関係大学院なので当然と言えば当然ですが、Ivy Leagueのような総合大学とは異なり、医学と国際関係という限られた専門分野で力を持つ大学院で、違う分野の研究を行っている人はあまり知らなかったりもするので、話に反応してくれたことがうれしかったです。

進学先を決めた際には報告できる機会があればと思っています。
[PR]
←menuへ