English Village ⑦

English Villageの7回目のレッスンに行ってきました。
今日は初めて習うJerryという先生でした。

先生は仕事でカンボジアとタイに滞在した経験があるらしく、かなり東南アジアに詳しい様子でした。
留学を目指している野村証券、大和証券、Merrill Lynch、日銀の生徒を受け持ったことがあるらしく、仕事の内容も熱心に聞いてくれました。皆さんTOEFLのスコアメイクに苦労しているとのことで、スピーキングの練習を授業時間にやってもらっているみたいです。自分もかなり苦労したので、その気持ちはとても分かります。

最初に自分がどういう理由でEnglish Villageに通っているかを聞かれたので、国際関係大学院で勉強する準備をしていると答え、国際問題に関するディスカッションをやってもらいました。ニュースソースについてはメディアの中でかなり偏りがあるので、それを意識して読むことが必要との指摘を受けました。持参したNational Public Radioの記事についてはかなり左寄りの意見になっているとのことで、逆にFox Newsはかなり右寄りとのことです。International Herald Tribuneはバランスが取れた記事内容になっているそうです。

今回は会社のことを多く聞かれたのですが、英語で説明するのに少し苦戦し、あまり効率よく伝えられなかった印象でした。他の受講生の話も興味を持って聞いているようで、野村証券のアセットマネジメント部門にいる生徒がアフリカの中小企業にインタビューをして回り、成長可能性のある企業をピックアップしているという話を聞かせてくれました。自分の仕事について何かしら面白いエピソードが言えるように日頃から考えておくべきだなと感じました。

ビジネスパーソンに教える機会が多いようで、求めればビジネスに関するディスカッションに積極的に対応してくれそうな先生でした。
[PR]
←menuへ