English Village ④

English Villageの4回目のレッスンに行ってきました。
今日はKevinというベテランの先生で、丁寧な会話運びがとても好印象でした。

まずお互いに自己紹介をし、勤務先や仕事内容の説明をしました。自分の職場から通っていた生徒を2人知っているそうで、2人ともIELTSというイギリスの英語試験の勉強をしていたとのことでした。うちの職場の人はみんなTOEFLを受けているので、もしかしたら職場を間違って認識しているのかも知れませんが。

先生は埼玉県に住んでいて、English Villageの授業を受け持つ傍ら県内の企業研修も行っているとのこと。日東電工やホンダの社員の印象について教えてくれました。日東電工は特に社風が良いとのことで、警備員も社員も丁寧に挨拶をしてくれ、授業はいつも立派な会議室を取ってくれるそうです。

仕事の話をした後は、前回のTyler先生がくれた途上国のインフラ開発に関する文章が書かれた教科書のコピーを使ってディスカッションを行いました。先生自身は文章を見るのが初めてだったので、こちらから書いてあった内容の要約説明とそれに対する意見を言いました。

先生は、トップダウンで開発資金が流れることによって本当に資金が行きとどくべき末端の人々に十分なお金が回らないことについて問題意識を持ったようです。先生自身はマイクロファイナンスの概念や動向について知らなかったので、時代の流れを読んだ良い指摘だと思いました。また、先進国が何十年も援助を続けてきているのに貧困の問題は一向に解決されないということについてこちらから話したところ、それに共感してくれました。

特に印象的だったのは、先生のお父さんが子供だった1920-30年代には既にアフリカに対する募金を学校で募っていたというエピソードです。結局80-90年経った今でも開発支援は目に見えた成果を上げていないという例として教えてくれたものですが、こうした具体例を聞くと、先進国の資金は結局何に使われてきたのかと一種の絶望感さえ持ちました。

こちらの意見や進めていきたい授業内容を熱心に聞いてくれ、丁寧に指導してくれる良い先生でした。この先生にも時間があれば見てもらう時間を作りたいと思います。
[PR]
←menuへ