カテゴリ:進学先選定( 3 )

今日Fletcher Schoolに一時金の支払いを行い、進学先を正式に決定しました。Columbia SIPA、Syracuse Maxwellには別途進学辞退の連絡を行います。

Fletcher Schoolは1933年に設立されたアメリカ初の国際関係大学院で、Fletcher Communityと呼ばれる学内のネットワークが魅力の学校です。1学年は175名程度と、国際関係大学院の中では中規模で、全ての教授、生徒とコミュニケーションを取ることができ、かつ学問分野の多様性を保つのに適したサイズです。

卒業までに履修分野の中から2つの専攻を定め、集中的に履修を行っていくことになりますが、自分はその中でDevelopment EconomicsとInternational Finance & Bankingを選択しようと考えています。

学位がMaster of Arts in Law and Diplomacyという少し漠然としたものになるので、専攻分野を就職先に具体的に示すために別途Certificateという個別分野の修了証を得ることが可能です。僕はInternational Finance & BankingをCertificateとして得て、就職先として目指している国際開発金融機関へのアピールに使おうと思います。

これからは留学に向けてのVisa申請や予防接種等の手続きに追われることになります。
[PR]
今日はTufts大学Fletcher Schoolの合格者レセプションに行ってきました。
卒業生のネットワークが強いことで定評のある大学院で、今回のレセプションにも元日銀理事の緒方四十郎さんから去年の卒業生まで幅広い世代の人達が集まっていました。

驚いたのは合格者の勤務先。ほとんどが官庁に勤務されている人達で、民間出身者は13人中2人という状況でした。とはいえ官庁の方々も所属は経産省から防衛省、農水省まで様々で、加えてJBICやJETROのような政府機関の方もいたので、日本の政府組織全体をカバーするような多様性があったように思います。

今回最も印象的だったのは、IFCや国連機関への就職状況をよくご存知の卒業生を話をする機会があったことです。周囲の人に話してもなかなか退職して留学し、国際機関に勤務するというストーリーを理解してもらえなかったのですが、5年の金融機関勤務を経て留学するのであれば、十分にチャンスがあるとその人はおっしゃってくれました。

退職リスクに関する忠告ばかり受けている時期だったので、具体的な見識を元に前向きに応援してくれる人が現れて本当に心強かったです。高倍率の機関が多い中で卒業後すぐに就職できないことは承知していますが、それでもそれらを目指すという考えを支持してくれたことが嬉しかった。

大変な道のりになることは分かっていますが、目標をかなえられるよう希望を持って取り組んでいこうと思います。
[PR]
コロンビア大学国際公共政策大学院(Columbia University, School of International and Public Affairs)の合格者レセプションに行ってきました。

合格者レセプションとはいっても、実際はSIPAの日本人学生が実施しているJapan Tripの東京でのパーティーに参加させてもらうというもので、東京に勤務しているOB/OGの人だけでなく、ツアーに参加している海外の学生がたくさん参加していました。

Japan Tripに参加していたのはアメリカ人、モロッコ人、ブラジル人等本当に多様で、SIPAが標榜するDiversityを肌で感じることができ、とても刺激的でした。Diversityという言葉は大学院のパンフレットやウェブサイトに載っている統計的データを見て理解していたつもりでしたが、実際に人と会ってみると想像以上に衝撃的で、こういったコミュニティで生活すれば刺激的な2年間を送れるだろうなと思いました。

1年コースの経済政策修士プログラム(Program in Economic Policy Managemant, PEPM)を履修しているブラジル人のミッドキャリアの学生は、ブラジルの財務省で予算管理の仕事をしているとのことで、自身が経験したPFIの仕事について教えてくれました。自分の勤務先でもPFIの業務を他部署で行っているので具体的に説明したかったのですが、知識不足で十分な情報提供ができず残念でした。

一方でSIPAは日本人が多く在籍していることでも有名で、良くも悪くも日本人同士が支え会いながら勉強する環境と言われています。大学院のプログラムは金融から開発、安全保障まで幅広くカバーされていて魅力的ですが、日本人が少ない環境に身を置いて勉強したいという希望があるので、今即決でSIPAということは言えないと思います。

他の合格先と比べた上で結論を出したいと思います。
[PR]
←menuへ