カテゴリ:修士論文( 4 )

今日修士論文の評価を教授からメールで受領した。評価はAだった。修士論文の一次稿を3月末に提出してから、最終稿を提出するまでにえらく時間がかかってしまった。卒業式が20日にあるため、授業の成績と修士論文の評価が15日の正午までに受領できていなければならないのだが、こちらのプロセスのまずさと教授の多忙さの両方の理由で、最終評価を受けるタイミングがぎりぎりになってしまった。まさかAをもらえるとは思っていなかったので結果オーライだが、最後までヒヤヒヤした。

最終稿提出までに時間がかかったのは、一次稿のレビューが不十分だったからだ。2月15日が修士論文提出の公式な期限で、それに間に合わせたいと思って論文を書いていたのだが、結局間に合わず、一次稿を書き終えたのが3月末だった。2月の締め切りは実質的には形だけのもので、ほとんどの学生はRegistrar's OfficeにExtension Formを提出して4月末までに仕上げるのだが、想定よりも執筆に時間がかかったことで、必要以上に焦ってしまった。本来はPeer Reviewといって、Fletcherの学生などに原稿をチェックしてもらい、文法や構成を直した上で教授に一次稿を提出するのが筋なのだが、学生にレビューを頼むと返送までに時間がかかると思い、セルフチェックだけして提出してしまった。

4月末までに1か月あれば、一次稿に対する教授のコメントを受けて、最終号を提出できると思っていたのだが、教授の方もすぐに読んでくれる訳ではなく、2週間程度時間が空いてしまった。その後教授から連絡があり、英文表現が不十分なので、第三者のレビューを受けるようにとの指示があった。すぐに読んでもらうことができないと分かっていればその間に複数のレビューを受けることができたので、2週間分の時間を浪費してしまったことになる。その後、4月末という期限が迫っている中で、自分の修士論文に忙殺されているFletcherの学生に短期間でのレビューを依頼するのは難しいと思い、インターネット上でプロフェッショナルエディターを見つけてそこに校正を依頼した。

校正は一週間で上がってきたので、それを教授に送付したのだが、その後音沙汰はなく、期限延長後の締め切りである4月30日になってしまった。さすがにこのまま待っていると卒業できなくなると思い、教授にメールしたところ、4月は忙殺されていたので、これから君の論文を最優先で読むとの返信が来た。数日待っていると、教授からまだ英文表現に問題があるとのメールが来たので、慌ててFletcherの学生2人にレビューを依頼し、5月8日までに修正を行ってもらった。修正を待っている間に教授から再度メールがあり、リサーチは十分にしてあるので、スケジュール通り卒業できるよう単位は与えるが、今の英文表現のままだと論文を公表することは認められないとの伝達を受けた。

2人分の修正と自分自身でのチェックを経て、最終稿を提出したのは5月9日で、5月10日の公式な単位認定期限には教授の評価が間に合わなかったのだが、5月12日になって教授がRegistrar's Officeに評価レポートをFAXしてくれたので、単位は無事にもらえることになった。ただ、これだけ英文表現に問題があると言われてしまうと2人分のネイティブチェックを経た後の論文でも相当不安があるので、TuftsのDigital Library経由で論文を公表するプロセスの前に、今もう一度自分でチェックを行っている。

修士論文の執筆プロセスでは、一次稿提出前のレビューを省いたせいで、時間的にも教授の印象的にも大きなロスを招いてしまった。2月15日の一次締め切りにしろ、4月30日の最終締め切りにしろ、ほとんどの学生は間に合わせることができずに延長しているので、焦らずFletcher生に一次稿のチェックを依頼すべきだった。試験期間終了後だったということもあるが、頼んだ学生は2人とも1-2日できちんとしたレビューを行ってくれた。プロフェッショナルエディターに依頼したことも間違いだった。そうした機関は費用対効果を最優先するし、顧客の作成した文書に手を加えすぎて内容に関するリスクを負うことを嫌うはずなので、金銭に見合う効果は得られなかった。学生2人から受けたレビューの方が、短時間で仕上げてくれた上、文法だけでなく構成にも気を配ってくれたので、論文のクオリティが格段に上がった。

最終的にAをもらうことはできたが、執筆プロセスは反省点ばかりだった。今後このような長いペーパーを書くことがあれば、もっと慎重に事を運んでいかないといけないと思う。自分のせいでろくでもない文章を読まされた教授に申し訳ないと思い、短時間でしっかりとしたレビューを行ってくれた学生2人に心からありがたいと思った。
[PR]
3月最終週の週末に修士論文の一次稿を提出した。本当は春休み前に提出したかったのだが、終わりかけの中途半端なところで中間試験に突入してしまったので、試験、春休みを経て計画より3週刊程度提出が遅れてしまった。分量は74ページあるが、内容は結構陳腐なものだと思う。1-2章で論点を思い切り広げた後、それらを3-4章ではそれらの論点の一部についてしか触れないというアンバランスな内容になってしまった。問題がこれだけあるが、最重要なのはここという書き方をしているのだが、論文の場合は主要な論点を先に絞り込んで、それについて執拗に深堀りする書き方が正しいように思う。また、論点を絞った割にそれらについての議論が貧弱なので、なんとなくみすぼらしい感じになっている。若干出来の悪い期末ペーパーをだらだら長くしたような内容だ。もしかすると記述の根拠になっている理論の適用方法も間違っているかもしれない。

問題だらけの論文だが、一応一次稿の提出はできた。後は週末に読んでくれると行っている教授のフィードバックを受けて、期限までに修正を行ってRegistrar's Officeに最終稿を提出することになっている。教授による成績評価の期限は4月30日だが、多くの学生は5月まで掛かって仕上げるのが通例になっている。その場合は卒業式で証書を受け取ることはできず、修士論文を提出して評価を受けた時点で授与されることになるそう。履修している授業の期末試験、発表、ペーパー提出が迫っているこの状況下では、教授からのフィードバックを忠実に反映して修士論文の成績を上げるよう努力するよりは、大きな修正の指示がない状態でほぼそのまま受領してほしいと考えている。修士論文と言えばたいそう立派に聞こえるのだが、多くの学生、特にネイティブの学生は期末試験後にやっつけでページ数を揃えて提出したりしている。Fletcherのウェブサイトに掲載されている参考論文もかなりひどいものが多い。学生も大学院も、よくこれを公表しようと思ったなと思うぐらいのレベルだ。とにかく4月30日までに最終評価を得られるように祈る。
[PR]
修士論文が長期戦になってきた。60-100ページという条件がある中で、60ページを目標にして書いてきたのだが、4章立ての論文のうち、3章が終わったところで62ページになってしまった。今は66ページ目に入っている。添付資料や参考文献のページを合わせて80ページというのが最終的な枚数になりそうだ。日曜日から水曜日までは授業の履修と課題、木曜日から土曜日までを修士論文の執筆ということにしているので、今週後半で何とか終わりが見えるところまで書ききりたいと思う。
[PR]
Fletcherでは修士論文の提出が卒業要件の1つになっている。指定ページ数はUS Letterサイズ/ダブルスペース/60-100枚で、執筆するテーマに関連する専門分野を持つ指導教授の元で書き上げていくことになる。指導教授に論文指導を受けることの許可を受け、当該教授から所定の用紙に署名をもらい、10月15日までに大学院に提出することが最初の要件だ。その後、秋学期、冬休み、春学期を通じて執筆を行うのだが、秋学期中は締切がまだ遠いことと授業が忙しいこととの両方から、執筆を進める学生は少ない。一方で一部の教授は秋学期中の提出を求めるので、それに従って執筆を進めた学生は冬休み前に論文提出が完了していることになる。

提出締切は2月15日なのだが、ほとんどの学生は締切の延長願を大学院に提出して、学期末の5月までに作成、提出するようなスケジュールを取っている。自分はというと、現在目標の60ページのうち37ページを昨日までに書き上げたところ。できれば2月15日に提出したいのだが、一次稿を教授に見てもらい、意見をもらって最終稿を出すというプロセスを行う前提だともうあまり時間がない。締切日に一次稿を提出するには十分間に合うスケジュールだと思うが、それでは教授も承認しないと思うので、締切5-10日前に教授に一次稿を提出できるよう書き上げ、教授によるレビューとそれを踏まえた自分の加筆修正に長く時間が掛かるようであれば、大学院に論文提出期限の延長願を提出することになると思う。
[PR]
←menuへ