カテゴリ:2011年秋学期( 24 )

2011年秋学期の成績がようやく出揃った。原因はB226m Large Investment and International Project Financeの成績が出なかったことにある。教授の寛大な措置により、シラバス上の試験提出締切であった11月2日を過ぎても、試験の提出を受け付けるというプロセスになったことが理由だった。結局現時点でも期末試験を提出していない学生が多くいるため、提出した学生だけに取りあえず成績を授与するという方針にしたらしい。2011年秋学期の各授業の成績と印象は下記の通り。

L230 International Business Transactions: B
貿易や海外子会社設立、Foreign Direct Investment等、二国間でビジネスを行う際に必要となる法律や国際条約について学ぶ授業。全くの専門外だったが、International Finance and BankingのCertificateを得る上で必修になっていたため、受講した。Letter of Creditの概念等、今まで知らなかった知識を得られたことは良かったが、前学期に履修したL233 International Financial and Fiscal Law同様、大量のリーディングへの対応が不十分で、ほぼOut of Controlだった。グループプロジェクトで提出したペーパーはB+の評価で、期末試験の出来も非常に悪かった。試験についてはMIBの学生が回している試験対策メモを入手して勉強したのだが、問題にはほぼ対応できずという結果だった。法律科目には最後まで苦戦した。

E230 International Finance: B+
為替レート、金利、インフレ率等の関係について学ぶ授業。FinanceというよりはMacro Economicsと言った方が良い内容かもしれない。試験3回により評価される完全座学形式の授業だったが、授業中に教授の説明を理解することができず、試験前に該当範囲のプレゼンテーション資料を見返して、それを頼りに試験に臨む形になった。エッセイを中心に教授の意図通りの解答をすることができず、最初の試験でA-を取って以降はかなりひどい出来だった。法律科目同様、経済科目にも相当苦戦したが、この科目も苦労した授業の代表格。

E243 Agricultural and Rural Development in Developing Countries: B+
農業に対象を絞り、各農産国の関税・補助金政策や受給の均衡等について、マクロモデルを中心にディスカッション形式で学ぶ授業。リーディングのリストは非常に良かったが、イージーゴーイングなSteven Block教授の指揮に基づくフリーディスカッション形式の授業ということで、授業のほとんどは学生のうだうだ話に終始した。教授が間に入り、絶えず議論の方向を修正しながら進めていけばもっと良い授業になると思うのだが、今後もこのスタイルは変わらないだろう。課題は中間ポリシーメモと期末のグループペーパーおよびそのプレゼンテーションという内容だったが、中間メモは教授の意図が汲み取れず、具体性に欠けるということでB+、期末グループペーパーも同じく具体性に欠ける提案とのことでB+だった。どうすればもっと良い評価を得られるかという糸口が最後まで見出せずに授業が終了してしまった。

B226m Large Investment and International Project Finance: A
世界銀行を目指す学生の強い要望により設置されたプロジェクトファイナンスの授業。学生の要望から生まれた経緯から、IFCやEIB等、国際開発金融機関が関わる途上国のインフラプロジェクトに関するHBSのケースに基づいて進められる。Fletcher生の多くが就職を希望する分野に関連した授業であるため、学ぶ内容、学生の熱意ともに良いものであったと思う。一方で、講師は特にプロジェクトファイナンスに精通している訳ではない年配の教授で、授業で行われる説明は不十分であったように思う。若くて権威がまだなくても、熱意と現場経験のある講師に担当してもらえれば、より価値のある授業になると感じた。評価はグループレポートが熱意ある南アジア系学生のモデリングのお陰でAが取れ、期末試験もそれなりに時間を割いてがんばったので、最終評価としてAがもらえた。時間を割いて頑張った甲斐があったと思う。

B260 International Marketing: A
International Finance and BankingのCertificateに求められる授業のうち、ビジネス科目の中から選択可能な授業。MarketingそのものとNation Brandingのエッセンスについて学ぶ構成だったので、興味を持って臨んだのだが、内容のほとんどはMarketingそのものに終始した。特に、各授業の後半は各社のTVコマーシャルを見て参考にするというもので、本質的な理論やNation Brandingのケーススタディについてはあまり知識を得ることができなかった。評価はTake Homeの中間試験が解答の説明不足もありA-で、Nation Brandingに関するグループプレゼンテーションとそれに関するペーパーの評価が良かったことで、最終評価がAになった。グループプレゼンテーションは、教授の指示に忠実に構成したことが勝因になった。教授は「ただ単に対象の3カ国についてそれぞれが調べたことを発表するな。それらを比較して何が言えるかが重要だ。」ということを言っていたのだが、他のグループは3人3様に自分が調べた国を説明するに留まっていた。自分のチームはPost Conflict NationsというテーマでBosnia、South Sudan、East Timorの3カ国について、様々な角度から比較分析するよう心がけたので、教授からも学生からも評判が良かった。また、この授業ではPeer Gradingといってメンバーのプロジェクトに対する貢献度をメンバー同士で評価し合うという形式が取られていたため、一番働いた自分に最も良い評価が来た。手はあまり動かさないが饒舌に意見を述べる傾向がある外国人よりも、地道にコツコツ仕事をする日本人の方が、良い評価を得やすいシステムになっている授業だと思う。
[PR]
2011年秋学期の試験が全て終わったので、学期中に使った(または買ったが読まなかった)教科書をBook Storeで売却した。ある程度の金額になることを期待していたのだが、結果は5ドル。120ドル程度出して買ったL230 International Business Transactionsのやたらと分厚い教科書が、旧版ということで売却対象にならなかったのが大きい。お金を払ってレンタルできるシステムを利用して借りていた教科書もあったので、そちらは返すだけでお金にはならなかった。それにしても5ドルって。多分全部で200ドル以上は使ったと思うので、大分もったいなかった。

B226m Large Investment and International Financeの教授は、「教科書は指定するが、お金がもったいないから教科書の中に入っているHBSのケースだけ別売りで買えばそれで良い。」という寛大な指示をシラバス上で出していたので、この科目については教科書を買わずに済んだ。採点は遅いが教科書に対して寛大なのはプラス評価だ。そういう訳で自分の中のB226mの教授に対する評価が今日少し上がった。自分の評価が高かろうと低かろうと、教授には全く関係ないだろうが。
[PR]
今学期の前半に履修したB226m Large Investment and International Project Financeの成績が出るのが遅い。通常、学期の前半に履修した授業は試験やペーパー提出後2週間程度で成績が出るので、11月中には出ていないとおかしいのだが、まだ出ていない。先週はついに通期のB260 International Marketingの成績発表に抜かれてしまった。教授がBentleyというマサチューセッツ州内から来ている客員教授なので、Fletcherの授業に手が回っていないのかもしれないが、去年同じ授業を履修していた人は授業終了後すぐに成績をもらっていたのでそこまで手が回らない訳ではないと思う。それに、去年は11月に成績を出したのだから、教授はFletcherの半期授業の成績が期末まで待たなくても発表できることを知っている。いくら本務校の授業が忙しいとは言っても、ここまで遅らせてしまうのは怠慢だ。さっさと成績を付けてしまえば自分の冬休みだって楽になるのに。とはいえこちらも自分にできることはもう何もないので、取り敢えずぶつくさ言いながら待つことにしたい。
[PR]
E230 International Financeの最終試験を今日受けてきた。試験の形態はTake Home Examというもので、12月15日から21日の中で好きな時間に試験を受けることができる。教室で全員が同じ時間に試験を受ける通常のIn-class Examと違い、他の試験日程とペーパーの締切を考慮して、自分にとって一番都合の良いスケジュールで試験を受けられるメリットがある。試験はどこで受けても良いので、Take Home Examの場合はOpen Bookといって何を見て答を書いてもいいことになっている。同じ授業を履修している学生と答についての相談さえしなければ、教科書や授業のスライドを見ようが、インターネット検索をしようが構わない。日本の大学ではあまり見られないスタイルだが、暗記よりも考え方の理解に重点を置くアメリカの大学では一般的な形態になっている。

Fletcherでは時間制限の規定が3時間、8時間、24時間にそれぞれ分かれていて、授業毎に制限時間が指定される。International Financeは3時間だった。試験問題は自分が受けたい時間にRegistrer Officeというところに取りに行き、そこで問題を受け取った時間を係員が記録し、解答を時間内に同じ場所に持参して、提出時間をまた係員が記録し、時間をオーバーしていないかチェックする方式になっている。解答をオフィスに持って行く時間も考慮しなければならないので、制限時間より少し余裕を持って解答を終わらせる必要がある。

Take Home Examは、何を見て解答を書いても良いという性質から、レポートのように論述を求めるものが多いが、International Financeの試験は前に受けた2回のIn-class Examと同様の試験問題構成だった。5つある論述問題の中から4つを選んで解答するPart Iと、8つの5択問題に解答するPart IIという内容で、配点はそれぞれ44点と56点。択一問題は答え合わせがしやすいので普通はTake Home Examには入れないと思うのだが、敢えてTake Home Examにしているのは、それぞれの問題について教材を見ながらきちんと解答して理解を深めてほしいという意図があるのではないかと思う。この授業では試験の点数を上から順に並べ、1位を100点として、1位からどれだけ点数の乖離があるかで100点満点の点数を出し直す評価方式が採られている。AからB-まである成績はこの点数に応じて明確に線引きされるので、Take Home Examによっていくら最終試験の素点が良くても、皆の出来が良ければ調整後の点数もそこそこになってしまう。

試験の成績は第1回試験を25%、第2回試験を30%、第3回試験を35%という傾斜で考慮される。今日受けた試験が当然成績評価に一番影響するので良い点数を取りたいところだが、暗記が苦手と言われるアメリカ人が色々な教材を武器にしっかり答えてくると思われるので、相対評価で出される調整後の点数はあまり期待できないかもしれない。一方で成績の切り方は上位X%をA、Y%をA-としている授業と、X点以上はA、Y点以上はA-としている授業の2通りがあるので、後者の評価方法を採っている場合は全員の点数が良ければA、A-に学生が固まるということも考えられる。経済学の教授なので、前者のパーセンテージで厳密に成績を区切っている可能性が高いが、もう試験も提出してしまって何もできないので、せめて後者であることを祈っておきたい。
[PR]
B260 International Marketingの成績が早くも出た。結果は良く、Aがもらえた。期末試験期間中のこの時期に何故成績が出ているかというと、この授業が中間試験+期末グループ発表&レポート提出という評価方式で、期末試験を行わないからだ。この他の授業についてはさらさら自信がないが、最初に出た成績が良かったので、少なくとも他の授業の結果が出るまでは良い気分でいられそうだ。

グループワークはNation Brandingというテーマの下、12人の学生をPost-Conflict Nations、Asian Nations、Non-Sovereign States、Poorest/Stigmatized Nationsの4グループに分け、各カテゴリーの中で3人の学生がそれぞれ該当する国を選び、リサーチして発表するというものだった。Asian Nationsだけは他のカテゴリーと違ってエリア割りになっているのだが、これは教授が事前に十数個のカテゴリーを学生に示し、希望の多いカテゴリーをアサインするという方式を採っているため。エリア割りのカテゴリーは概念割りのカテゴリーに比べて人気がなかったので、あまり均一性のない割振りになった。自分はPost-Conflict Nationsのグループで発表とペーパー作成を行った。

自分の成績が何故良かったかというと、恐らくグループワークの評価が高かったからだ。グループワークの実施に当たり、教授は「個人が選んだ国を個別に発表するのではなく、メンバーの選んだ国それぞれをきちんと比較してそこに見出される共通点や相違点を示してほしい。」と言っていた。自分達はそれに従い、3人が決めた南スーダン、東ティモール、ボスニア・ヘルツェゴビナの3ヵ国を比較し、マトリクスを使って色々な角度から分析するよう心がけた。一方で他のグループは、1人1ヵ国について発表するというスタイルを貫いていて、別のメンバーが選んだ国との比較を行わなかったので、個人発表を3つ繋げ、主軸となるテーマについてあまり触れていない内容になっていた。

結局教授の示唆を汲んで分析と発表を行ったのは自分達のグループだけだったので、評価が高いのは当然ではある。皆自分が選んだ国にどうしても思い入れが出てしまうので、他のグループの発表は1ヵ国を徹底的に説明しようという気持ちが発表に色濃く出てしまっていた。3ヵ国の比較検討に時間を割いた自分達のグループは、面倒ではあったが教授の期待するPost-Conflict Nationsというテーマに対応した発表ができたと思う。発表後、教授からも他の学生からも、Quite Analyticalという感想が聞かれた。そうできるよう時間を割いて3人で考えたので、発表からその意図を感じ取ってもらうことができて、とても嬉しかった。

この授業の中でのもう一つの収穫は、学ぶことの多いアメリカ人の学生と一緒にグループワークに参加できたことだ。メンバーはアメリカ人2人と自分1人という構成だったのだが、アメリカ人2人のうちの1人が人格面、学業面ともに、とても優秀な学生だった。彼はYaleを出た後に南スーダンの治安維持と経済発展のミッションに関わり、アメリカに戻ってFletcherに進学した2年生の学生だった。KansasのコミュニティカレッジからYaleに編入したそうで、無名の大学からYaleに入るために相当の努力をしたのだと思う。南スーダンでの経験から発表内容に対する思い入れも強く持っていて、かなり詳細にリサーチやインタビューをしていた。

彼がすごいと思ったのは、仕事に対するひたむきさと協調性を日本人並に持ち合わせていたことだ。メールに対するレスポンスの早さとその質、自分が忙しい時期に作業に関われないことに対する他のメンバーへの気遣いと、それを挽回するための作業に対するコミットメント、他人の作業が進んでいないことに対する寛容性とそれを補うための自発的協力、外国人である自分に対するフェアな言葉遣いなど、Fletcherのアメリカ人に対して期待しつつも諦めざるを得なかった資質を持ち合わせている人物だった。年齢が31歳であることや、既に結婚していて家庭での責任を自覚している立場にあるということも背景にあると思うが、一方でこういう人だからこそ結婚して一生添い遂げようと思う女の人が現れるのではないかとも思う。恥ずかしながら、自分が結婚できないのはその辺りにあるかもしれない。

この授業では、学生を公正に評価するため、各学生がグループワークへの貢献度を100点満点で3人に割り振るという個別評価シートの提出が義務づけられていた。これは大抵の場合において一番働く日本人にとって非常に有益なシステムで、このお陰で自分はAを取れたのだと思う。自分自身のチーム評価は、自分を40点、上記のアメリカ人を35点、もう一人のアメリカ人を25点にして提出した。他の二人がどのように評価したのかは分からない仕組みになっているが、結果を見る限り、恐らく自分を一番高く、上記のアメリカ人を次点に置く形で正直に評価してくれたのではないかと思う。もう一人のアメリカ人はHavardの教育大学院とのDual Degreeで、Fletcherの授業に対するウェイトが少ないために力をあまり注げなかったのではないかと思う。

マーケティングというとFletcher内ではどうしても他の授業に対して優先度が下がるのだが、チームメンバーから学ぶこともあったし、成績も良かったので、この授業を取って良かったと思う。Nation Brandingそのものについては興味が持てなかったが、自分が担当した東ティモールや他のPost-Conflict Nationsについて学ぶこともできたので、国際関係大学院的な内容で得るものも多かった。残りの時間は、あまり成績の期待できない他の授業の試験やペーパーに集中することにしたい。
[PR]
Midtermがようやく終わったと思ったらもうFinalの時期になってしまった。試験は4科目中2科目なのだが、プレゼンとレポートが他の授業で課されているので、作業負荷はとても大きい。グループ内の作業分担が問題のE243 Agricultural and Rural Development in Developing Countriesは、トルコ人の希望により提出期限の延長を教授に認めてもらった。良い成績を取るために相当真剣に試験やペーパーに取り組む人物なので、現状の出来+ガーナ人がさぼっている状況でペーパーを出してB評価をもらうようなことはしたくないそうだ。気持ちは分かるので、自分もその方向で納得し、教授にメールを出した。

他にはB260 International Marketingのプレゼン+ペーパーというのがある。こちらはNation Brandingという国家のマーケティング戦略に関するリサーチをするもので、自分のチームは3人で"Post-Conflict Nations"というテーマで調べることになっている。テーマはとても気に入っているのだが、南スーダン、東ティモール、ボスニア・ヘルツェゴビナといったあまり情報の取れない国が対象なので、調べるのに時間がかかるしアウトプットの深さにも限界がある。今週末はこれに取り組んで、木曜日にプレゼンをできるように準備することになっている。ペーパーは次の日曜日が期限なので、プレゼンの準備と同時にペーパーの作成も行う必要がある。

試験の方も楽ではなさそうだ。分厚いテキストがリーディング教材になっているL230 International Business Transactionについて勉強しないといけないし、オープンブックになっているE230 International Financeの試験も暗記の苦手なアメリカ人が試験中に情報ソースを得ることで圧倒的な力を発揮してしまうと思われる。ものすごい出来が期待できる訳ではないが、とにかく間に合わないということだけは避けられるよう、スケジュールを科目毎に区切って対応することにしたい。
[PR]
彼はやってくれた。3人で行う予定のプレゼン資料にアウトプットをしないばかりか、プレゼンそのものを欠席した。日本で仕事をしていたときや、Fletcherに来てから参加した数々のグループワークで協業のストレスは感じたが、ここまで全くやらない人間と会ったのは初めてだ。こんなことがFletcher内で起こり得るとは全く考えていなかったので、ただただ驚いてしまった。

プレゼンはE243 Rural and Agricultural Development in Developing Countriesというセミナー形式の授業で課されたもので、グループで提出する30枚程度の最終レポートの概要を説明するという内容だった。チームはとても熱心なトルコ人、よく授業を欠席するが出席したときには積極的に発言するガーナ人、自分という構成。元々トルコ人と自分の2人でグループワークの約束をしていたのだが、3人程度が望ましいという教授の方針の下、3人目を授業用メーリングリストで募った結果、ガーナ人が最終的に加わった。

大きな反省点は、自分から積極的にグループを作ろうとせず、グループ組成期限ぎりぎりになってグループメンバー募集メールに飛びついてくる人間は最初からあんまり信用してはいけないということだ。まさかここまで何もやらないとは思っていなかったが、乗っかって来る気満々だったのは最初の数回グループミーティングや教授との面談に来なかったことで分かっていたのだから、プレゼンもペーパー作成も何もやらないという想定はしておくべきだった。

お陰でよく眠れなかった日曜日の翌朝、ガーナ人の担当パートについてプレゼンテーション資料を追加で作成し、同日午後に自分が本人に代わって発表するはめになってしまった。せめて資料作成と当日のプレゼンに参加しないことが分かっていれば良かったのだが、Thanksgivingを含む週末中こちらからの連絡に反応せず、プレゼン当日の朝に「今日North CarolinaからBostonに向かう飛行機に乗るから、事前ミーティングには参加できない。プレゼンにも多分間に合わないと思う。」と言ってきた。そうならばThanksgivingの休暇中にこちらで準備しておくこともできたのだから、もっと早く言ってほしかった。

こんな状況の中、熱心なトルコ人は「仕方ない。○○(ガーナ人)は体調が悪いとプレゼンの冒頭で説明して、2人で説明しよう。」と事前ミーティング中に笑顔で言った。どれだけできた人間なのか。それとも端からこういう事態を予想して、ガーナ人に期待していなかったのか。トルコで仕事をしていると、こういう状況は普通に起こり得るのかもしれない。日本人は個々の責任意識が高いので、あまりこういった事態にはならないし、なるとしても事前に詫びが入ると思う。ここまで仕事を放棄されると、自分達のことを単位を提供してくれる馬鹿正直なクラスメイトとでも思っているのではないかと考えてしまう。

ここまで放棄されると自分はガーナ人をグループから切りたいと思うのだが、トルコ人は最終ペーパーを2人で完成させて、ガーナ人が病気で参加できなかったと言い通す方針のようだ。トルコ人が一番働いているので、どうしてここまで親切にできるのかと考えてしまう。既にトルコ人が単独で教授に掛け合い、ガーナ人の病気を理由にペーパー提出期限の延長について話しているので、一応3人の協業という形で成果物を提出することになると思う。こんながっかりなメンバーとグループを組んでいることで、本当に気持ちが萎えるが、トルコ人のがんばりに応えられるよう、自分もペーパーに最大限貢献したい。
[PR]
明日からThanksgivingの休みに入る。図書館には人がほとんどおらず、完全に休みモードになっている。多くの人は今日から旅行や実家への帰省に入っていて、授業にもあまり人が来ていない。Thanksgivingの休みはそもそも今週木曜日と金曜日だけなので、十分に休みの日程を稼ごうと思うと水曜日をオフにしてしまう必要があるのだと思う。

日本人の同級生も数人は旅行に出かけてしまった。自分はE243 Agricultural Developmentのグループレポートとプレゼンテーションの準備があるので、旅行には時間を割くことができない。そもそもお金もあまりないので、旅行を考えるには財政的にも少し苦しかった。今週末はE243のプロジェクトと前述の"山"への取り組みに専念したい。人がほとんどいないので、集中できる環境にはある。
[PR]
前回ブログに書いたFletcher Perspectivesという展示コーナーの写真について、卒業後の新居に飾るため、現在掲示されている写真のうち8枚を出品者から購入した。本来はFletcher Perspectivesの担当者に写真購入を申し出た上で代金を支払い、そのお金が国連に寄付される予定なのだが、あいにく数週間経っても担当者がメールに返信しないので、しかたなく出品者に直接問い合わせた。本人も写真を現像して販売する仕事をしているとのことだったので、Fletcher Perspectivesが提示している1枚当たりの単価と同じ値段で出品者から購入した。家も決まっていないのに壁に飾る写真だけは決めてしまった。それほど今のFletcher Perspectivesの写真は好きということだ。もしご興味があれば、出品者のウェブサイトをご覧下さい。
[PR]
2011年秋学期のMidtermが火曜日で全て終了した。月曜日にL230 International Business Transactionのプロジェクトペーパーを提出して、火曜日にE230 International Financeの2回目の中間試験を受けて、2週間続いたMidterm関連の作業が全部片付いた。10月27日提出のB260 International Marketingに始まって、10月31日提出のE243 Agriculture and Rural Development in Developing CountriesのMemorandum、11月2日提出のB226m Large Investment and International Project FinanceのFinal Exam、と続き、今週月曜、火曜にあった前述の2コマで長いMidterm期間が終わった。

5科目を履修したのが初めてだったことと、妙にWriting Upの試験が多かったので、1年生の2学期分の授業のときより余計に手間がかかった。10ページ以上のペーパーの提出は課されていなかったので、作業分量としては楽だったのだが、逆に1250語やダブルスペース4枚といった分量に多くの情報を収めないといけなかったので、仕上がりの分量以上に作業が必要だった。せっかく試験が全て終わったのだが、もう11月の第2週ということで、1ヵ月もすればFinalの時期になってしまう。11月後半のThanks Givingを一時休みにして、その後はFinalに没頭という感じになりそうだ。

唯一の癒しは今とてもきれいに色づいている大学付近の紅葉の景色だ。日本では特定の紅葉スポットに行かないと観られないような景色が、家から大学まで歩く間にたくさん転がっている。あいにくiPhoneしか持っていないのだが、Fletcher最後の秋なので、できるだけカメラに収めておきたい。Marc Frankelはどうやってこの紅葉を撮るのだろう。Galleryにはボストンの紅葉が全然出ていないので、ぜひ撮ってほしいと思う。そもそも自分が住んでいる場所にはあまり興味がないのかもしれないが。

通学途中の橋から見た紅葉
a0170095_5194473.jpg

[PR]
←menuへ