カテゴリ:2011年春学期( 30 )

2011年春学期の成績を全て受領した。楽勝科目の統計のお陰でGPAは大分ましになったものの、全体としてはもう一つといったところ。1年目のGPAは3.49と、3.5を割ってしまっている。Fletcherでは基本的にB以下はあまり付かないので、3.5は取っておかないと少し恥ずかしい。各科目の評価と印象は下記の通り。

L233 International Financial and Fiscal Law: B+
金融取引法に関する授業。米国証券法や会社法が国際取引の際にどのように適用されるのかをケースに基づき追っていく内容だった。米国法に関する元々の知識がなかったので、それがいきなり国際取引に適用されるケースになったときに対応が難しかった。リーディングも多く、あまりついて行けなかった印象。ミッドタームのペーパーでは蘭フォルティス銀行の倒産ケースについて書いたのだが、根拠法の理解が不十分で、時系列のニュースサマリーのような内容になってしまった。結果はA-止まり。期末は試験が課され、完全にアウトオブコントロールだった。MIBが回した試験対策メモを共有させてもらったのだが、それでも問題に十分対応できなかった。試験の結果はB+だった。

E241 Development Economics: Policy Analysis: B+
個別の開発プロジェクトに開発経済の理論を当てはめて評価する形式の授業だった。中間、期末試験と期末グループペーパーがあり、かなりの負荷があった。試験はTake Home形式で、何を見て書いてもよかったし、ノンネイティブとしての記述力のハンデも低かったのだが、教授が期待する回答内容がうまく把握できず、試験の評価が低くなってしまった。ペーパーも時間がかかったし苦労したが、これは優秀なネイティブスピーカーが全体の構成と自分達のライティング内容を詳細に見てくれたので、評価は良かった。最終的な成績は、ペーパーの出来を自分の試験結果が打ち消してしまい、あまり良くなかった。

B205 Data Analysis and Statistical Method: A
恐らくFletcherで最もAを乱発していると思われる授業。中間試験では公式集が配られ、それを当てはめて問題を説くだけで良い。期末は1週間程度が与えられるTake Homeの試験で、解答を見せ合うことなどはHonor Codeで禁止されているものの、過去に学生が受けた試験の解答や同級生の解答と照らし合わせることも事実上はできるため、よほどのことがない限り、A以外になることはない。統計を真剣に勉強したい学生に勧められる授業ではないが、数学の苦手なFletcher生にとって、Quantitative Requirementを満たせるこの授業は天の救いのような存在。

B220 Global Financial Services: A-
MIBのヘッドであるLaurent Jacque教授が教える3つ目のファイナンスの授業。3つ目ということで2年生の履修者が圧倒的に多く、Thesisをファイナルペーパーに転用して良いなど、寛大な措置が取られている。内容はJacque 1、2と呼ばれるCorporate Financeの観点から離れ、金融機関としてのFinanceについて学ぶものになっており、オプション取引の計算式や、トレーダーの詐欺行為により損失を生じたケース等を用いて、金融工学を織り交ぜた形式で授業が進められる。グループレポートはA-、A、Aと良かったのだが、中間試験が84点で、期末レポートとそれに関するプレゼンテーションの反応があまり良くなかったこともあり、結果はA-に留まった。試験は80-90点であれば問題なく、90点以上であれば素晴らしいということだった。Aを取るには試験で90点以上を取り、期末ペーパーでもそれなりの評価を得る必要があると思われる。期末ペーパーは、International Financial and Fiscal Lawとともに、自分自身でもあまり良い出来でないと感じる内容だった。
[PR]
試験が全て終了したので、教科書をTuftsのBookstoreに売却した。学期が終わると寮を引き払わなければならないルールになっているので、荷物を減らすために教科書類は全て処分する必要があったのだ。教科書類はとても分厚い上に思いので、個別科目の授業や試験が終わる度にBookstoreに出向き、数冊ずつ売るという方法を取った。残念なことに教科書は流動性によってかなり差があり、Economics、Finance系の教科書は高く売れ、Law、Policy(Negotiation)に関する教科書は安くしか売れなかった。

個別に言うと、Financeの教科書が27ドルと70ドル、Lawの教科書が7ドルと4ドル、Negotiationの教科書が8ドルと5ドルという結果だった。持ち込んだ他の教科書で持込対象外のものがあったので、1冊毎の買取価格はかなり安かった。特に、Lawの教科書は2冊で200ドル程度したので、合計11ドルというのは厳しい査定だ。Financeの教科書も同程度の値段で購入したので、その差は大きい。Financeの教科書は学部でも使用するし、特定の授業の教科書として指定され続けるので、古本として売れる確率が限りなく高いからだと思う。一方でLawの教科書は、Fletcherで行われている15名程度の学生を対象にした授業の教科書なので、いくら高くてもあまり価値がないらしい。Financeの教科書を売ったときは投資資金がかなり回収できると思ったのだが、Lawの11ドルの査定にはかなりがっかりした。

2学期間の教科書への投資金額と回収金額を総合すると、投資金額が800ドル程度、回収金額が200程度ではないかと思う。新品でなくなった途端に価値が下がる日本の中古市場(含中古車、家、古本)に比べるとかなりリターンが良いが、Economics、Finance以外の科目の教科書はいくら高値で買っても安い金額でしか売れないらしい。夏休み空けには2年生が一斉に1年生に対する教科書の販売活動を開始するのだが、そこでの値段は元値の半額ぐらいになっている。自分は教科書を保管できないという問題があるのでこの作戦は使えないが、多くの学生は夏の間教科書を寝かせて販売に備えるのだと思う。一番効率的なのは、古本で教科書を買ってまたそれを古本として売ることだ。版が変わっていない限り、何人の手を通ったかは古本の価値として関係ないので、140ドルの教科書を70ドルで買ってまた70ドルで売るということもできてしまう。場合によっては20ドル等で書い叩いて70ドルで売るという手段も取れるので、儲けさえ出てしまう可能性がある。

ただ、Bookstoreを経由して購入すると古本もかなり高くなる。来期は7ドルで買いたたかれたLawの教科書が80ドル程度で古本として店頭に並ぶと思うと、Bookstoreがとても恨めしくなる。ベストなのは、2年生から安値で買えるよう交渉し、それをまた授業履修後に学生に対して直接売るというフローだと思う。
[PR]
昨日で期末試験が全て終了した。後は12日に発表される成績を待つだけになった。昨日最後に残っていた統計の自宅試験を郵送して、目の前にある課題は全てはけた。前学期の授業に比べると、今学期は通年の授業を4科目受けた分かなり楽だった。履修科目の中にはModuleという0.5単位の半期の授業があるのだが、週3回授業がある上に試験もきっちり2回あるので、単位の数が割に合わない。前期は専攻の必修ということでModuleを2科目取ったのだが、この対策にかなり苦労した。

それにしてもフランス語にはかなり苦労した。成績に関係がないのでその点では気が楽だったのだが、それでも週3回朝一で行われる授業のために結構な量の予習をしたり、頻繁にあるクイズの対策をしたりで、かなりの時間を取られた。授業の負荷で言うと、Fletcherでの4科目と合わせて考えると、B220 Global Financial Servicesに次いで2番目に時間を割いた授業だった。身に付いたフランス語の能力はあいにくそれほどでもないのだが、夏に受ける仏検の4級、5級の対策をすることで総復習することにしたい。きっちり合格することができれば、大学の学部生が履修する第二外国語の1年修了時ぐらいのレベルと見なされるようだ。

来期の履修科目は時間割と専攻の必修科目を比べながら改めて決めることになるが、余裕があればElementary French IIという2科目目のフランス語科目を履修してみることにしたい。できればフランス語を継続したいが、作業負荷を考えると他の科目の作業負荷を考えてからでないと躊躇してしまう。
[PR]
2011年春学期の試験が昨日で全て終了した。今学期はModuleという半期のコースがなかったので、4科目だけの講義で済ませることができた。Moduleは半期で0.5単位なのだが、授業が週3回あって負荷はほとんど通期の授業と同じな上、試験もきっちり2回あるので、通期の授業と比べてほとんど倍の作業量になる。そういう意味で通期の科目を4つ並べられたことは本当に良かった。

それにしてもフランス語はきつかった。成績に関係ないとはいえ、朝一で授業が3回あったし、予習の量も多く、頻繁にあるクイズの対策もかなり時間がかかった。通常の4科目と比べると、全体の中でB220 Global Financial Servicesに次いで2番目に時間を割いたんじゃないかと思う。どれだけ力が付いたかというとそうでもないのだが、夏休みに受ける仏検4級、5級の試験の対策をする中で復習して、大学の学部で受ける第二外国語の1年次修了時レベルにまではしておきたいと思う。
[PR]
今日3つの期末試験のうち2つが終了した。1つは回答時間24時間の自宅試験で、もう1つは全て持込可の教場試験だった。どちらも決して満足な出来ではないが、自分が現時点で持っている知識と能力を全て出し切ることはできたので、悔いは残さずに済んだ。成績は早くも12日に発表されることになっているが、この2科目は今期履修した4科目の中で自信のない方の分類に入るので、あまり良くなくても仕方がないとは思っている。ひどい成績さえ取っていなければよしとしたい。

自宅試験というのは日本では行われることのない形態なので、プロセスを書いておく。先ず、① Registrar Officeという科目登録や成績管理等を行っている部署に行き、試験問題を受け取ってその時間を記録し、②それを持ち帰ってPCによるタイプか解答用紙への手書きのいずれかを使って解答した上で、最後に③時間内にRegistrar Officeに答案を提出する、という流れになっている。自宅試験なので基本的に何を見て解答しても良く、通常は教科書、講義資料、ノート、ウェブ上の情報等を使って解答する。

カンニングし放題に見えるが実際はそうでもなく、限られた時間内で解答を正確に書くには結局講義資料ぐらいしか役に立たない。京大の不正入試の件のようにウェブで解答を募ることもできなくはないが、結局授業で説明された内容を反映させて解答しないと点数にはまずならないので、他人はほとんど頼れない。参照先が多いことの有用度は、日本の大学の学部で行われている教材持込可の教場試験と変わりがない。利点があるとしたら参照先が多いことではなく、試験期間のうち自由な時間に試験問題を取りに行くことができるということだ。スケジュール上のメリットは教場試験に比べて間違いなく大きい。

24時間の自宅試験は、E241 Development Economics: Policy Analysisだった。中間試験では教授が定めた論述問題に対する採点基準をうまく押さえられず悪い点数を取ってしまったので、今回はそれを挽回したかったのだが、何分試験問題の形式が中間試験と同じだったので苦労した。試験問題の最初には「提出猶予は24時間だが、3時間で回答することを目指してほしい」と書かれていたのだが、自分にはそんなことをとてもできる余裕はなく、結局昨日の14時から24時までみっちり10時間も掛かってしまった。

前回の反省を踏まえ、今回は問題に回答する際に授業で使われた用語や分析のフレームワーク等を極力盛り込むようにしたが、点数がどうなるかは未知数だ。できれば今日の午前中に見直しと加筆修正を行ってから解答を提出したかったのだが、今日は9時30分から12時30分までL233 International Finance and Fiscal Lawの試験だったので、試験後慌てて体裁を直した後、プリントアウトして提出するという形になった。朝8時から30分間は解答の見直しに使ったので、試験時間が24時間あることのメリットを少しだけ享受できた。そもそもジャックバウアーのような超人ではないので、24時間ぶっ通しで試験を受けることなど不可能だ。

3時間の教場試験は、上述のL233 International Finance and Fiscal Lawだった。試験問題は選択問題3点×10問、エッセイ問題45点×1問、25点×1問という構成で、エッセイが大きいウェイトを占める分、ノンネイティブには若干きつい構成だった。内容も難しく、教授が試験問題配布の前に「今回は頭を働かせてもらうために難しく作った」と宣言していた。試験時間は3時間で、PCを含む持込が全て可という"Open Book - Open Lap Top"という形式だった。PCを使えるとはいえ、試験時間内にエッセイを2つ書き上げなければならないので、インターネットで選択問題の答を検索している時間はあまりなかった。2年生のMaster in International Business (MIB)の学生が共同で試験対策ノートを作っていたので、それを事前にもらっておき、プリントアウトしたものを持ち込んだ。

選択問題の部分は前年の試験では用語解説だったので、過去問の解答を事前にインターネットで検索し、Wordに貼付けたものを持ち込んだ。選択問題は難しく、エッセイの内容も授業で取り扱った事柄を交えて記述しなければならなかったので出来はあまり良くなかったが、他の学生も皆難しかったと言っていたので、相対評価で成績が出される限りはあまり悪い結果にならないのではないかと期待している。ノンネイティブの学生には追加で30分の猶予時間が与えられていたのだが、時間内にエッセイを書き上げることができたので、他の学生と一緒にそのまま提出してしまった。残り30分が使えたとしても、選択問題の解答を少しいじるくらいしかできなかっただろうし、それで結果が良くなったとは思えない。興味深かったのは答案の提出方法だ。Wordにタイプしたものを提出する形式だったので、皆試験時間終了と同時に教授のアドレス宛にEメールに添付する形で提出した。日本で行われる筆記試験の厳粛さとこの試験での答案提出方法のカジュアルさのギャップが面白く感じられた。

これで後はB205 Data Analysis and Statistical Methodsの答案を教授のオフィス宛に郵送すると終了となる。この試験も解答時間1週間半、提出は郵便という何とも面白いスタイルで、小さなカルチャーショックを感じた。郵送の手段を取るのは教授がUniversity of Massachusettsという別の大学に所属していて、答案の回収をFletcherで行わないためだ。Eメールでの提出にしないのは手書きでグラフや数式を作成するためで、郵送プロセスの問題等を考慮して念のため答案のコピーを取っておくよう勧められている。そうであればスキャナでPDF化してEメールで送付するのと手間に変わりがなく、かつ郵送コストも省けるのだが、そうした手法は採られていない。恐らく直接紙で答案をもらった方が採点する側にとって楽だということなのだと思う。
[PR]
教場で行われる期末試験が明日から始まる。自分は教場試験が1つ、自宅試験(Take-Home Exam)が2つという内容なので、試験のスケジュール繰りにはある程度余裕がある。自宅試験はEメールや手渡し等で試験問題が配布され、締切時刻迄に試験に解答して答案を提出するというもの。日本では馴染みのないスタイルだが、ある程度調べたり考えたりして試験に解答するという意味で、試験とレポートの中間という位置付けなのだと思う。

現時点ではB205 Data Analysis and Statistical Methodsの試験が配布されていて、5月7日(土)の消印有効という形で教授宛に郵送することになっている。郵送するのは教授が学外からFletcherに通って来ているためで、所属先であるUniversity of Massachusettsのオフィスに答案を届け、そこで教授が採点するという仕組みになっている。先週半ばには既に問題がメールで配布されていたので、先週末時点で問題に取り組むことができた。解答にはある程度時間がかかったし、これを教場試験で行うと暗記や問題演習の作業が大変だったので、自宅試験で良かったと思う。解答は一応済んでいるが、時間のあるときにもう一度見直してから郵送することにしたい。

もう1つの自宅試験はE241 Development Economics: Policy Analysisで、こちらは明日水曜日の朝からRegistrer Officeという履修登録・試験・成績関連の業務を行う事務所で試験問題の配布が行われることになっている。学生は24時間以内に問題に解答して、答案をその事務所に提出することになっている。問題の配布を受けてから24時間なので、試験開始は来週火曜日の試験最終日に提出が間に合うならいつでも良い。スケジュールがタイトな学生は来週月曜日に受けると言っていた。自分は別の試験が木曜日の午前中にあり、来週は既にインターンのためにトルコへ行っているので、木曜日の午後に試験問題を受け取り、金曜日の午前中に提出することにしたい。

1つだけ予定されている教場試験はL233 International Financial and Fiscal Lawで、スケジュールは木曜日の午前9時30分から3時間となっている。法律について英語で解答を書かないといけないのでかなりきつそうだが、演習問題の解答や昨年の試験問題、授業で使用したスライド等を学生の要望に応えて教授が用意してくれたので、それらがある程度支えになってくれると思う。MIB(Master of International Business)の2年生が共同で自主的に作成した試験対策ペーパーも回してもらうことができたので、最低限の対策はできそうだ。この授業は中間ペーパーが35%、期末試験が65%という評価配分なので、今回の試験で成績のほとんどが決まってしまう。ペーパー通りの成績ならA-、一つ落ちるとB+となるが、大崩れしてもっと悪くなる不安もある試験なので、気を抜かずに取り組みたい。
[PR]
B220 Global Financial Servicesという授業のペーパー提出とその内容に関する最終プレゼンを水曜日に行った。この授業は期末試験の代わりにペーパーが課されているので、これで今学期の課題は全て終了となる。今学期履修した4科目の中では一番予習に時間を割いて取り組んだ授業だったので、プレゼンを終えて肩の荷が降りた気がした。願わくばプレゼンの内容が20人の履修者の中でも際立ったものでありたかったのだが、英語力の不足もあって思ったようには伝えられなかった。この授業に関しては成績評価を待つのみとなる。

ペーパーは授業で取り扱った内容に即してテーマを設定し、自由な枚数で記述を行うというものだった。Global Financial Servicesという授業のタイトルの通り、各回の授業テーマは商業銀行、投資銀行、ファイナンス会社等金融機関に関するものだったので、自分はその中から去年破綻した日本振興銀行という商業銀行の破綻理由について分析するというテーマを選んだ。国際取引を行わない銀行だったのでGlobalという観点には若干そぐわないものだったが、逆に十分な英語の資料がないために日本人にしか書けない内容だったので、その点に付加価値を付けたかった。実際、授業では東京銀行や日経225先物、日本円の通過スワップ等、日本の金融市場をテーマとして取り扱ったものが多かったので、授業を履修している他の学生にも興味を持ってもらえるとも思ったことも理由として大きい。

プレゼンについて学生にどこまで興味を持ってもらえたかは分からないが、少なくとも興味を持って聞いてくれているような雰囲気の人は何人かいたと思う。20人分のプレゼンを聞くのでかなり退屈そうに聞いている学生も見られたが、予習をきちんとして授業できっちりと発言しているような学生は特に熱心に聞いてくれている印象があった。そういう人は普段から色々な方面に関心を持って熱心に情報を得るよう努めているのだと思う。話をする側から見ると明らかにやる気を持って聞いてくれている人とそうでない人がはっきり分かったので、自分も聞く側に立ったときには疲れていてもきちんと聞く姿勢を持たないといけないと感じた。

ペーパーは最終的にだぶるスペースで20枚になった。Fletcherで課されるペーパーは10枚から35枚という範囲なので、これは中庸程度の作業量になると思う。枚数は自由だったし、ペーパーを途中まで書いた後に教授が授業で10-15枚でいいよと発言していたので実際はここまで書く必要はなかったのだが、せっかく関心を持った内容について書くので、調べた内容をきちんと情報としてペーパーに入れておきたかった。ペーパーの評価は教授の判断次第なので分からないが、自分としては良く書けたものだと思う。特に、L233 International Financial and Fiscal LawのMidterm Paperの完成版が当初思い描いていたほど良くなかったので、こちらについては今学期のライティングの集大成と呼べるくらいの内容にしたかった。

授業スケジュールの都合上、本来2年生が履修するこの授業を取ったので、少人数のディスカッション形式のスタイルの中で知り合いが少ないことが少し心細かったが、1年生だからといって対応できないものではなかったので、履修して良かったと思う。特に、2年生には教授の温情措置として修士論文の内容をペーパーのトピックとして代替して良いという権利が与えられていたので、来年これを履修していたら独立したテーマでペーパーを作成することはなかったと思う。自主的にペーパーを書くほどの意欲は持てないのだが、与えられた課題の中でなら必死になって取り組むこともできるので、ライティングの機会をできるだけ得たいと思っている中でこの授業のペーパーを書くことができて良かった。

最後の授業では3本目のケースレポートが返却され、結果はAだった。他の学生グループのレポートの評価は分からないが、自分達のグループはA-、A、Aという結果だったので、かなり良い方だったのではないかと思う。試験結果も悪くなかったので、これで成績が悪かったらペーパーの評価がひどかったということになりそうだ。最終的な成績評価は受け入れるしかないのだが、せめてペーパーに対する評価はある程度のコメントを添えた上で返却を受けたいと思っている。期末試験やペーパーは返却されることなく評価が下されることが多いので、教授の評価はぜひとも受けておきたい。
[PR]
期末試験がもう来週に迫ってきた。今期末は試験3科目+レポート1科目なのだが、レポートに時間を掛けすぎて他の科目の勉強にあまり時間を割けていない。レポートはB220 Global Financial Servicesで求められているもので、ページ数は自由なのだが、興味のある内容だったので必要以上に気持ちを入れ込んでしまった。レポートは明日提出して授業中に内容を5分間で説明すれば終了するので、明日以降は試験対策に注力していきたい。
ただ、まだグループレポートに加えて試験のあるE241 Development Economics: Policy Analysisの案文修正も残っているので、完全に試験集中モードということにはまだ行かなそうではある。
[PR]
10時間の契約で行っていたアルバイトが金曜日に終わった。Office of Career Service(OCS)が運用しているFletcher Career Central(FCC)というウェブサイトに掲載されている応募候補先企業のリストを更新するという仕事内容だったのだが、単純作業をひたすら続けたのでかなり飽きたし疲れた。OCSができれば午前中に来てほしいと言っていたので2時間×2回、3時間×2回に分けて午前9時から11時、午前9時から12時という枠で仕事をしたのだが、このぐらい細切れになっていて丁度よかったかもしれない。5時間×2等でやっていれば2日で終わったのだが、気力的に持たなかったと思う。

アルバイト開始に合わせてSSNの提出と必要書類の記入、提出をFletcherの担当部署宛に行ったので、近々給与支払いの小切手が郵便受けに投函されると思う。こちらの支払いはほとんどが小切手で銀行振込は使われないので、自分で小切手を銀行のATMに持って行き、支給された金額を銀行口座に入金することになる。120ドルという金額だが、アメリカで初めて働いて受け取ったお金なので、気分的には単に120ドルをもらう以上の喜びがある。仕事内容がもう少し勉強面や仕事面での付加価値にものだと良かったのだが、OCSがSSN取得のために無理矢理作ってくれたアルバイトだったので、そこまでの文句は言えない。
[PR]
今日と明日でFletcherの合格者向けOpen Houseというものが行われている。Open Houseは各大学院が合格者向けに開催する大学院生活を体験するための機会で、Fletcherでは通常4月第2週の日曜日と月曜日の2日間行われる。内容は現役学生の家への宿泊、大学院によるカリキュラム等の説明、学校見学、授業見学、レセプションとなっている。Tufts大学そのものもFletcherも規模が小さいので、2日あれば大体の雰囲気を掴むことができると思う。

自分も可能であれば各校のOpen Houseに去年行ってみたかったが、一度受験前にキャンパスビジットしたことがあったし、合格先の中ではFletcherが一番良いと思っていたので、特に参加する必要はなかったかもしれない。一方で今進学先を迷っている人にとっては、現役学生が普通に授業を受けているこの期間に各大学院を見て回ることで、授業や学生の雰囲気を知ることができ、とても良い機会になると思う。

Johns Hopkins SAISはウェブ上でOpen House時のセッションの動画を公開していて、遠隔地にいる人にも参加者と同様の情報収集ができるようになっていた。Fletcherに進学する学生は、SAIS、Harvard Kennedy School (HKS)Columbia SIPA等と比較検討した上で入学先を決める傾向が強いので、可能な限りOpen Houseに参加するか、関連情報をウェブから取得するようにすれば良いと思う。
[PR]
←menuへ