カテゴリ:アムトラックの旅 2010夏( 15 )

8月28日(土)午前9時過ぎ、ニューヨークのペンシルバニア駅から今回の旅の最後になるAmtrak Regionalボストン行きに乗った。駅には出発予定時刻の15分前に着いたのだが、ホーム近くに行ってみるとまだ乗車ホームが決まっていなかった。東海岸の列車はビジネス客が多いためあまり遅れないよう運用されていると聞いていたのだが、今回は10分遅れで発車することになった。

ニューヨークを出てからボストンに至るまでの景色は、ニューヨークの街並み、森林を中心とする風景等が見られてとてもきれいだったのだが、乗客がとても多く、窓際の席を取ることができなかったので、残念ながら写真撮影はあきらめた。ニューヨークからボストンまで乗っていく人はそれほど多くなく、大抵の人は途中のコネチカット(Conneticut)州内の駅等で降りて行った。飛行機を使うには不便な距離を移動する人のために補完的に機能している路線なのだと思う。

数か所の駅を経て、4時間後の午後1時過ぎにBoston South Stationに到着した。今回の旅の中でこの路線だけは近距離で車中泊もなかったので、特に強く印象に残る出来事があったわけではないが、発車が遅れたこと以外はスムーズだったし、通過する地域の景色もきれいだったので、乗車区間として気に入った。格安バスが運行している区間なのでAmtrakを敢えて使うことはないかもしれないが、機会があればまた乗ってみたいと思う。

South Stationに到着したところで2週間のAmtrakの旅は終了した。車中泊が多かったので疲れる旅行だったが、14日間連続の休みがないとできない旅だったので、今回実行に移してみて本当に良かったと思う。特に、色々な表情を持っているアメリカの自然を間近で見られたこと、ダイナミックな移動を1人でこなせたことは感動的だった。鉄道マニアではないつもりだが、Amtrakの魅力をよく理解できたので、できればシカゴ―ロサンゼルス等の別路線にも機会を見つけてチャレンジしてみたい。

夕方には晴れてFletcher SchoolのBlakeley Hallに入寮した。明後日からいよいよ大学院生活本番が始まるので、これまでとは違ったトピックについて考えたことを色々と書いていきたい。
[PR]
ニューヨーク滞在を1日延ばしたので、27日(金)も観光に出かけた。泊まったホテルはHotel 373 Fifth Avenueというミッドタウン5番街の良い立地だったので、移動が楽だった。ニューヨークには数回来たことがあったので、あまり美術館や観光スポット巡りはせず、日本のラーメン屋や本屋を回って過ごした。夜はまだ観たことがなかったミュージカルのウェストサイドストーリーを観てきた。

Hotel 373 Fifth Avenue
a0170095_1432213.jpg


朝はだらだらと寝てしまったので、昼前からホテルを出て、ダウンタウンにある紀伊国屋書店に行った。渡米前に買った地球の歩き方・ボストンをなくしてしまったので、ここで買い直した。サマースクールの授業で他国の学生が発言していた歴史的背景に分からないところがあったので、勉強し直そうと大学受験用の世界史の参考書も買った。定価の4割増ぐらいの値段だったので、2冊合計で50ドル強。出費が少し痛かった。

紀伊国屋を出た後は、徒歩でニューヨーク大学の近くにある一風堂へラーメンを食べに行った。少し待ったが、1人だったということもあってすぐに案内された。中はニューヨークらしいポップな作りで、壁にはひらがなで一風堂の店員と思われる名前がずらっと表示されている。ラーメンは単品13ドル、セットで16ドルと日本より高めだが、出てきたラーメンは本当に日本と同じだったので、立地を考えると抑えている方だと思う。店員は英語だけを話すアメリカ人の受付嬢、英語を話す日本人と日本語を話すアメリカ人のホール、全員日本人と思われるキッチンとで構成されていた。料理も店の雰囲気も本当に良くできた作りになっていて、どうやって出店計画を作り、運用してきたのだろうと思った。ビジネス的に見ると、許認可申請や現地採用スタッフの雇用、原材料のデリバリー等、色々難しい問題はあると思うのだが、これらを全て一風堂という企業が賄っているとしたらすごい。もしかしたら日本、アメリカ双方に信頼できるコンサルタントがいるのかもしれない。

一風堂入口
a0170095_14233680.jpg


一風堂を出た後は、夜に観る予定のミュージカルのチケットを買うためにTimes SquareのTktsに行って列に並んだ。金曜日ということもあってかなり時間がかかり、結局1時間半並んだ末にようやくウェストサイドストーリーのチケットを手に入れた。値段は50%offのオーケストラ席で62.5ドル+サービス料4ドル=66.5ドル。貧乏旅行の中で少し痛い出費だったが、前回観ようとしてチケットが完売になっていた演目だったので、思い切って買うことにした。

チケットを買った後は20時の講演まで時間があったので、Tktsの近くにあるNBA Storeに行ってみた。中はNBA、WNBA全チームのグッズ、特にユニフォームとTシャツで埋め尽くされていて、バスケットボールのシューティングゲームや選手の手の大きさを体験できるコーナーもあった。各チームのスタジアムに併設されたショップを大きくしたような作りだが、中で遊ぶことができるよう最大限の工夫がされていて、面白い施設だったと思う。店内をらせん状のスロープで下りながら見て回る設計にしてあるのも楽しい。日本のショップに比べるとアパレル系の商品が多いのは、多くの人が気に行った選手のユニフォームを着て応援するアメリカ人の購買傾向を反映しているように思えた。

NBA Store入口
a0170095_14301839.jpg


NBA Store店内
a0170095_1430512.jpg


時間をつぶした後、20時から始まるウェストサイドストーリーを観るため、再びTimes Squareへ。この演目はPalace TheatreというTktsから近いブロードウェイの中心地で公演されていて、道順が分かりやすかった。公演場所は人気を反映しているのだと思う。劇そのものについては、ストーリーを全くチェックしなかったせいもあって、展開に驚かされて面白かった。プエルトリコ系のグループがスペイン語を多用して劇を展開する演出が気に入った。ロミオとジュリエットを題材にしていることさえ後から知った。歌や台詞を英語で聴き取るのが能力的に難しいので普段は予習するのだが、今回は知らずに観たことのメリットがあったと思う。

ミュージカルのチケットその他でお金は結構使ってしまったが、日本の店を中心に回ってみるなどして、普段と違う形でニューヨーク観光をできたことが楽しかった。今後も時間の許す限り何度も来て、パターンを変えながら観光してみたい。
[PR]
8月26日(木)午後14時前にニューヨークのペンシルバニア(Pennsylvania)駅に到着し、予約していたHostelling International New Yorkにチェックインした。その後インターネットに繋ぐために近くのスターバックスに入って少し作業をした後、New York Metsの試合を観にニューヨーク郊外のCiti Fieldまで地下鉄で行ってきた。

Hostelling Internationalはマンハッタンのアッパーウェストサイド、104番通り沿いにあるホステルで、あまり周りの治安は良くない。それでも大手ホステルチェーンのニューヨーク拠点ということで、木曜日でもかなり混み合っていた。大学院の入寮日が28日(土)なので、金曜日はボストンのホステルに1泊し、翌日の午前中に入寮しようと考えていたのだが、せっかくなのでニューヨークで2泊しようと思い、金曜日に1日分の部屋が空いているかどうか聞いてみたところ、やはり満室とのこと。フロントとコンタクトを取りながらキャンセルが出たら予約するように言われたのだが、当てのないキャンセルを待ちながら宿なしで待つことが心配だったので、あきらめて別の部屋を探すことにした。

ホステルを出てスターバックスに入り、ネットで検索したニューヨーク市内のホステル6件に電話したところ、全て満室との返答が返ってきた。仕方がないので宿泊先をホテルに変更し、日系の旅行代理店サイトが提示する一番安いホテルを予約した。ミッドタウン5番街で100ドル程度。ホテルにしてはかなり安いと思う。

宿泊先の件が一段落したところで、ニューオーリンズからニューヨークへ来る列車の中で予約したNew York Mets対Florida Marlinsの試合を観に、Metsの本拠地Citi Fieldへ出かけた。試合開始は19時10分だったにも関わらず17時半頃に着いてしまい、スタジアム内のグッズショップや殿堂博物館を見学していた。試合開始直後は、木曜日ということからかあまりお客さんの入りが良くなかったが、3回ぐらいになるとある程度の人数が入っていた。Metsは今年あまり調子が良くないらしいので、満員というのは難しいかもしれない。

Citi Field
a0170095_694539.jpg


試合内容は最初Metsが4-0でリードしていて、守備の方も3回までノーヒットに抑えていたので盛り上がっていたのだが、4回に2点、6回に7点取られて簡単にひっくり返されてしまっていた。7点取られる場面では、2失点した辺りでピッチャーを替えるのかと思いきや、逆転されるまで先発を継投させていて驚きだった。あまり良い中継ぎがいないのかもしれない。中継ぎ登板後も結局打たれ、7失点という寂しい結果になってしまった。3回まではかなり拍手が沸いていたのだが、6回の守備終了時には大ブーイングが起こっていた。アメリカのお客さんは本当に率直で、良いときには褒め、悪いときには思いつくままに罵詈雑言を浴びせる。選手の気が引き締まるという意味では日本的な応援より緊迫感があって良いかもしれない。

結局9回にもまたピンチを迎え、2点を失って4-11になった。お客さんも8回が終わった頃にはほとんどはけてしまっていて、練習という意味からか最後に元ヤクルトスワローズの五十嵐がマウンドに上がった。背負っていたランナーは結局返されてしまったが、登板機会があったのは良かったと思う。翌日には高橋がセーブを挙げていたので、両選手とも打力の弱く点差が狭くなりがちな今季のMetsを上手く支えているのだと思う。

五十嵐登板場面
a0170095_6202559.jpg

[PR]
8月25日(水)午前7時5分にニューオーリンズ発ニューヨーク行きのAmtrak Crescentに乗って車中1泊でニューヨークまで移動した。旅行の中で唯一早朝発の便だったので間に合うか心配だったが、何とか無事に乗ることができた。

ニューオーリンズを出発して数時間後に通った海の中を抜ける長い橋は圧巻だった。列車の窓から右を見ても左を見ても海以外は何も見えず、通っている橋も見えないため、列車が宙を浮いて海の上を走っているようだった。日本だと東京湾アクアラインなどは海の上をずっと通ることになるが、大きく違うのは走っている地面が見えること。特撮映画のシーンのようで、なかなか得難い経験だったと思う。

海上走行中の風景
a0170095_1251899.jpg


ルイジアナ州を抜けた後は、森や川を通りながら時々大都市にたどり着くということの繰り返しだった。写真を撮るチャンスを探していたのだが、ほとんどは線路沿いの木々に邪魔されていたり、登場したきれいな景色もすぐ消えたりで、良いタイミングでカメラ(正確にはiPhoneのカメラ機能)を向けることができなかった。そうこういしているうちにフィラデルフィア(Philadelphia)、ニューアーク(New Ark)等の駅に着き、あっという間にニューヨークのペンシルバニア(Pennsylvania)駅に到着した。理由は分からないのだが、フィラデルフィアにしても、ニューアークにしても、ニューヨークにしても、みな駅名がPennsylvania Stationになっている。また時間のあるときに思い出したら調べてみたい。

ニューアーク駅(ニュージャージー(New Jersey)州)
a0170095_12581233.jpg

[PR]
8月23日(火)15時半頃、予定より30分程度遅れてニューオーリンズのUnion Passenger Terminalに到着した。ホステルまでの足がないので、駅からタクシーで行き、チェックイン後にニューオーリンズの街に出向いた。フレンチクォーターという旧フランス植民地の名残がある地域へ行き、カフェに入ったりバーに行ったりして過ごした。街は全体として若干荒れていて、あまり心地良い雰囲気ではなかった。

Union Passenger Terminalはかなり大きな駅で、さすが発着駅だと思わせる規模だった。発着駅か否かで駅の規模を思いきり変えてしまうところは合理的で無駄なことをしないアメリカらしいと思う。それだけに大都市のみすぼらしい通過駅を見るとがっかりするのだが。

駅から宿泊予定のIndia Houseというホステルまでは足がなかったので、駅前のタクシースタンドからタクシーに乗った。怪しい雰囲気の白タクが堂々と列に並んでいて、係員もそれに乗るよう指示する。できれば選びたかったのだが、順番的に仕方ないと思い、それに乗った。運転手は老齢の黒人で、メーターを回さずにずっと運転している。ぼられているのかどうか気になったのだが、駅から街までいくらというのが決まっているかもしれないと思い、黙って座っていた。確認するのは悪いことではないと思うのだが、こういうとき気が引けてしまう。値段は10ドル丁度だった。次の日の朝にもタクシーでホステルから駅まで行ったところ、メーターで8ドル75セントだったので、相場は合っていたような気もする。

ホステルはIndia Houseというだけあって、エキゾチックな雰囲気を持つ独特の作りだった。中にはプールや鯉の池などがあり、部屋以外で宿泊者がくつろげるスペースがたくさん用意されている。2人以上で来ればなかなか楽しいかもしれない。

India House 外観
a0170095_0401462.jpg


India House 屋内スペース
a0170095_0411095.jpg


ホステルを出た後、歩いてミシシッピ川沿いの中心部まで出向いて行った。中心部に着くときれいに整備されているのだが、そこにたどり着くまでの道は浮浪者とゴミで満たされている。ストリートカーという路面電車を我慢強く待って街に出れば良かったと思った。中心部では先ずフレンチクォーターのCafe du Mondeという歴史あるカフェに行き、カフェオレとベニエという名物セットを頼んだ。即金で支払う必要があると観光客向けウェブサイトに書いてあったが、その通りに請求された。カード払いを断るだけでなく、現金での食後払いさえ受け付けないのは、この街の治安や経済状態を物語っていると思う。

Cafe du Monde
a0170095_0475762.jpg


カフェを出た後はミシシッピ川沿いを散歩した。夕方のミシシッピ川はとても雰囲気が良く、街の雰囲気とは対照的だった。列車で通った川をもう一度陸上から見上げるというのも感慨深いものがあった。途中で蒸気船の乗り場を通ったら、停泊場所で汽笛を使ったジャズ演奏をやっていた。船は普通の蒸気遊覧船なのだろうが、汽笛でジャズをやるというのはこの土地だけの名物なのだと思う。

ミシシッピ川の眺め
a0170095_0541911.jpg


ミシシッピ川遊覧蒸気船
a0170095_052820.jpg


川を散歩した後はフレンチクォーターに戻り、バーボンストリート(Bourbon Street)という通りに集まっているジャズバー、ブルースバー、ロックバーを一通り歩きながら眺めてみた。ここにはストリップバーのような風俗店も並んでいる。歩いた時間が18時過ぎとまだ早かったので、端まで歩いた後、この時間帯でもライブをやっていた数店のうち、ロックの演奏をしている店に入った。本当はジャズバーに入りたかったのだが、やっていないのだから仕方がない。中に入ると日本人の学生が1人で飲んでいて、その後店を出るまでずっと話していた。学部で地理を専攻していて、卒論執筆に向けてニューオーリンズの被害とその復興状況についてアンケートを取りながら調べているとのこと。自分の卒論の内容を思い起こし、恐縮した。
[PR]
21日(日)の14時40分にLos Angeles Union StationからAmtrak Sunset Limited ニューオーリンズ(New Orleans)行きに乗り、車中2泊、合計46時間15分かけてニューオーリンズまで来た。Sunset Limitedはカリフォルニア州、アリゾナ(Arizona)州、ニューメキシコ(New Mexico)州、テキサス(Texas)州を通り、最後にニューオーリンズのあるルイジアナ(Louisiana)州へ入る路線。ほとんどは砂漠地帯で、途中休憩で下車した駅も暑かった。メキシコと国境を接している地域なので、乗客はヒスパニックが多かった。カフェテリアの店員もヒスパニック系で、英語とスペイン語の両方を話す。

Los Angelesを出てからアリゾナ、ニューメキシコ、テキサスを越える辺りまではずっと砂漠が続いていた。冒険映画に出てきそうな雰囲気が見ていて楽しかった。場所は正確に把握できていないのだが、カリフォルニア州の東部に巨大な風車を多く配した風力発電施設があった。風力発電用の風車はクリーンエネルギーのシンボルだが、自然の中にこれだけたくさん建てられてしまうと、自然破壊のようにさえ思える。

カリフォルニア州の風力発電施設
a0170095_064371.jpg


アリゾナ州の荒野
a0170095_08649.jpg


夜にテキサス州サンアントニオの駅に停車したので、下車して街の写真を撮った。NBA、San Antonio Spursの本拠地で、以前から興味を持っていた街。機会があればバスケットボールシーズンにきちんと観光で来てみたい。駅はかなり簡素で掘立小屋のような駅舎しかなかったが、その隙間から覗いた街は大都市の様相を呈していて、思ったより大きな街だと感じた。

サンアントニオ駅
a0170095_012272.jpg


ニューオーリンズ州に入ってからは、これまでの景色とは一転してほとんど水辺を通る形になった。海面からの高度が低いためにハリケーンカトリーナの被害に遭ってしまったのだが、水を湛えた土地の雰囲気はきれいなものだった。特に、ニューオーリンズに入る際に渡ったミシシッピ(Mississippi)川の橋は、川そのものよりかなり前から陸橋が続いていて、乗っていて不思議な感覚があった。

ルイジアナ州の水辺
a0170095_0184235.jpg


ミシシッピ川を渡る橋
a0170095_020377.jpg


今回の旅程で一番長い時間列車に乗る路線だったが、それなりに飽きさせない景色が続いていて楽しめた。この路線は、砂漠が連想させる冒険的な雰囲気が好きな人はかなり気に入ると思う。ヒスパニックの乗客が話すスペイン語も、アメリカにいながら異国にいるような気持ちにさせられて、不思議な気分を味わえる。
[PR]
21日(土)の夜にHostelling International Santa Monicaで1泊し、翌朝ロサンゼルスにいる友人とサンタモニカピアという観光地になっている埠頭で朝食を食べた。その後友人がロサンゼルス市内の方まで送ってくれたので、UCLAの構内を少し歩き、バスと地下鉄を乗り継いでLos Angeles Union Stationまで戻り、14時40分発のAmtrak Sunset Limited ニューオーリンズ(New Orleans)行きに乗った。午前中しかなかったが、泊まったサンタモニカとUCLAを見られたのでよかった。

UCLAはロサンゼルスの明るい青空と大学の広大なキャンパスのコントラストがとてもきれいで、感動的だった。ただ、大学のマスコットである熊の像の写真を撮った後、キャンパスの中心部に行く途中で突然トイレに行きたくなってしまい、一番きれいだと思った場所の写真を取り損ねてしまった。大学グッズを扱っているUCLA Storeというところも日曜日で閉まっていたので、機会があればもう一度来て、写真とグッズを手に入れたい。

UCLAを見学した後にAmtrakの駅までバスと地下鉄を乗り継がないといけなかったのだが、バスのアナウンスが日本ほど親切でない中でどこが乗り換え駅なのか分からず、結局乗り過ごしてしまった。何ブロックか歩く羽目になって、余計な労力を使ってしまった。いつもスマートに交通機関を使いこなしたいと思いながら、なかなかうまくいかない。

サンタモニカピア入口
a0170095_2352046.jpg


UCLA 熊の像
a0170095_23531483.jpg

[PR]
8月19日(金)午前10時過ぎにシアトルのKing Street Stationからロサンゼルス行きのAmtrak Coast Starlightに乗った。発車予定時刻は9時45分だったのだが、列車の到着が遅れて30分後の出発になった。Coast Starlightは学生時代にロサンゼルスからシアトルに行くのに使ったことがあり、そのときには5時間遅れで到着したので、今回も心配していたのだが、到着は翌20日(土)の20時45分頃で、予定の21時よりも少し早かった。多分途中の休憩時間を削って調整したのだと思う。深夜に治安の悪いロサンゼルス Union Stationでぽつんと1人という絵を想像していたので本当に良かった。

Coast Starlightはワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州の各都市を太平洋の海岸線に沿って繋ぐ路線。海岸沿いばかりでなくオレゴン州やカリフォルニア州の山間部も通るので景色に変化はあるのだが、やはり海の景色が一番良かったように思う。

ワシントン州の海
a0170095_4224396.jpg


オレゴン州の山間部
a0170095_4231976.jpg


カリフォルニア州の山間部
a0170095_423527.jpg


カリフォルニア州の海
a0170095_4243032.jpg


この路線に乗って嬉しかったのは、学部生時代に留学したオレゴン州ポートランド(Portland)を通過できたこと。大学も住んでいた寮も駅からは離れていたし、駅周辺にはほとんど用事がなくて来なかったのだが、それでも懐かしい土地を通ることができて良かった。街の規模が小さく、旅行で行くには少しもの足りないのだが、留学期間中にもし機会があれば行ってみたいと思う。

Portland Union Station
a0170095_4274414.jpg


Los Angeles Union Stationは、カリフォルニアらしく地中海風の白壁の作りで、ライトアップされた姿がきれいだった。ただ、予定より早く到着できたとは言え、駅付近は治安が悪く、少し怖かった。バスに乗ってサンタモニカ(Santa Monica)のホステルに移動するつもりだったのだが、週末で夜の急行バスが走っていないということでタクシーで移動した。ホステルの宿泊代以上にタクシー代が高くついてしまったことが残念。

Los Angeles Union Station
a0170095_4315786.jpg

[PR]
8月19日(木)午前10時過ぎにシアトルのKing Street Stationに到着し、宿泊先のHostelling International Seattleのロッカーに荷物を預けた後、シアトル市内の観光に出かけた。シアトルには一度来たことがあったので、歩いて行ける限りの街中の観光にとどめることにした。まずPike Place Marketという市場に行き、ぶらっと歩き、市場のそばにあるStarbucks1号店に入った。ダウンタウンにあるシアトルマリナーズショップやNike Townに行って時間をつぶした後、Blue C Sushiというアメリカ人が経営する回転寿司屋に入った。

King Street Station
a0170095_1214851.jpg


Pike Place Market/Starbucks1号店
ダウンタウンの中ほどの、少し海岸寄りの場所にあった。花屋や魚屋やその他生鮮品を扱う店が多く並んでいて、平日でもたくさんの人がいた。何を買うわけではなくても、少し歩いてみるのは楽しかった。その後Market入口の向かいにあるStarbucks1号店に入った。店は他と違って茶色をベースにした落ち着いた色遣いになっていて、ロゴも創業当初の茶色のものを使っている。1号店でしか買えないマグカップ等のお土産を店内で売っていたのだが、持ち運ぶのが大変だと思ってやめた。店内は普通のStarbucksと変わりなく、少し広い程度。トイレのドアが暗証番号式になっていたのは少し変わっていたところかもしれない。人通りが多いのと、1号店だということで、何も注文せずに使われるのを防ぐためだと思う。

Pike Place Market
a0170095_121555.jpg


Starbucks1号店
a0170095_12155614.jpg


シアトルマリナーズショップ
滞在中はあいにくマリナーズの試合がアウェイだったので、街中にあるシアトルマリナーズショップにだけ行くことにした。店内はほとんどがチームグッズかイチローグッズになっていて、他の選手のものはあまり見つからなかった。強いて言うと20年間ずっとマリナーズでプレーしているKen Griffey Jr.ぐらい。日本人観光客が多いのと、チームが下火でイチロー以外に人気のある選手がいないのと、両方の理由でこういうラインナップになっているんだと思う。

シアトルマリナーズショップ入口
a0170095_12184160.jpg


Blue C Sushi
街中をぶらぶら歩いた後、夕食にBlue C Sushiという回転寿司レストランに入った。アメリカ人が経営しているとのことで、店内は日本の回転寿司屋より大きいバーのような作りになっていた。壁のスクリーンには日本の寺や秋葉原を紹介するVTRが流れていて、アメリカ人好みの雰囲気に仕立ててあった。寿司の皿は東京メトロと都営地下鉄の色に合わせてあり、黄緑が新宿線=$1.5、紫が半蔵門線=$5.0という仕組みになっていた。赤の皿が有楽町線になっていたこと以外は正解だった。味は日本の回転寿司屋を少し良くしたような感じで、よく研究できていると思った。お茶と味噌汁、寿司5皿で会計が$20を超えたのは割高だった。

Blue C Sushi店内
a0170095_12231899.jpg


Blue C Sushiメニュー
a0170095_12235877.jpg

[PR]
アドラープラネタリウム見学後、Chicago Union Stationから8月17日(月)14時15分のAmtrak、Empire Builder シアトル行きに乗車した。この路線は今回の旅で2番目に長い距離を結んでいて、所要時間は46時間10分となっている。経由地はウィスコンシン(Wisconsin)州ミルウォーキー(Milwaukee)、ミネソタ(Minnesota)州ミネアポリス(Minneapolis)、ノースダコタ(North Dacota)州、モンタナ(Montana)州、アイダホ(Idaho)州で、終着駅はワシントン(Washington)州シアトル(Seattle)となっている。

Chicago Union Station
a0170095_45485.jpg


1日目は午後にシカゴを出発して夜中にミネアポリスに到着する流れだった。10時間程度しか走行しなかったので、日付をまたいだ時点ではあまり長い距離は走っていなかった。

2日目の朝以降は、ミネソタの湿地帯を抜けた後、ノースダコタの大平原をひた走る形になった。時間によって太陽の位置が変わるので、とてもきれいな朝焼け、夕焼けを見ることができた。客層はシカゴ付近までとはうって変わってテンガロンハットを被った陽気なおじさん等が乗り込んでくるようになった。本当にこういうスタイルの人もいるんだと驚いた。

朝焼けのミネソタ湿地帯
a0170095_3552926.jpg


ノースダコタの大平原
a0170095_357399.jpg


3日目にはモンタナ州に入り、途中まではノースダコタと同じく大平原を走っていた。その後夕方頃からはだんだんと地形に変化が出始め、ロッキー山脈に差し掛かるところで突然山岳列車のように山を周りながら登っていく路線に変化した。景色もこれまでの大平原とはうって変わり、杉が生い茂る林間の風景になった。乗客の層も変わり、これまで多かった単純な移動目的の人から、バックパックを背負った登山客が増えてきた。多分Amtrakを利用して目的地のある山の麓まで移動しているのだと思う。

モンタナのロッキー山脈
a0170095_3585115.jpg


モンタナの森林地帯
a0170095_359572.jpg


4日目の朝はワシントン州の国立森林公園を引き続き山岳列車のような形でゆっくりと抜け、太平洋岸に出てから海岸沿いを1時間ほど走り、シアトルに予定時刻より少し早い10時過ぎに到着した。Lake Shore Limitedと同様、途中途中で若干時間のずれがあったものの、46時間分の走行距離を(アメリカの列車が!)ほぼ定刻で運行したことになる。再び驚かされた。

ワシントンの森林公園
a0170095_405016.jpg


ワシントンの渓流地帯
a0170095_42556.jpg


Empire BuilderはLake Shore Limitedより距離が長いことはもちろんだが、それ以上に地形の変化が東海岸と中西部の間以上に富んでいて、景色を眺めるのがとても面白い。中西部の五大湖や湿地帯を抜け、ミネソタ、ノースダコタの大平原をひた走り、モンタナのロッキー山脈を登り、ワシントンの森林地帯を林間鉄道のように駆け抜けるといった景色の移り変わりは、46時間10分という長さを感じさせない。後の4本の列車がどうか分からないが、もしかするとこの路線が一番好きになるかもしれない。
[PR]
←menuへ