ASIA Night終了

1ヵ月間準備してきたASIA Nightが終わった。システムの不具合があったものの出来は総じて良く、会場の反応もなかなかだったと思う。飽きもせず今年も空手をやったのだが、今回はタレント揃いで、空手、テコンドーの経験者が3人もいて、去年よりレベルの高いパフォーマンスができた。

内容はThe World Karate Tournamentという形でロシア、アイルランド、日本の空手家が世界の頂点を求めて戦うというもので、一応ストーリーが付いている。空手だけでなく、前年のTournamentの内容と、そのときの敗者の今年のTournamentに向けた必死の練習風景をコミカルに映像化して、イントロムービーとして流すなどもした。自分を含む9人中6人のメンバーは空手が全くできないので、できる人3人それぞれに付いて、チーム毎に簡単な型を披露した。

作り上げている当初はASIA Night No.1の出来になると自負していたのだが、韓国人と韓国系アメリカ人、その他外国人が一緒になって演じたK-POPが面白すぎて、勝ったとは言えない結果だった。表彰はないのでどちらが勝っても関係ないし、もしかしたら空手の方が良かったと言ってくれる人が多いのかもしれないが、完成度の点で完全に向こうが勝っていた。空手はすごい3人とその他大勢という構成で、全然練習してこないドイツ人なんかも混ざっていたのだが、K-POPはみんながみんなよく練習してきていて、原曲のPVの映像を背景に一糸乱れぬ動きで踊っていた。悔しいので拍手したくなかったのだが、面白かったのでついつい拍手してしまった。

K-POPのパフォーマンスは本当に良かった。ASIA Nightの後も曲や踊りが強く印象に残っていて、Midterm中に何度もYoutubeでパフォーマンスのビデオを観てしまった。お陰で少し振りと歌を覚えてしまった。日本の演目も、武道系から離れるのであれば、J-POPを真剣にやるといいかもしれない。
[PR]
←menuへ