休校アゲイン

今日は春学期に入って二度目の吹雪のせいで大学全体が休みになった。今日はフランス語に始まって開発経済、2時間のファイナンスのゼミという流れだったので朝5時まで勉強したのだが、全部意味がなくなってしまった。普通は学校が休みになると嬉しいものだが、せっかくやったのに全部休講とは、と憤りを感じた。授業がなくなって憤りを感じられるぐらい勉強したというのは良いことかもしれない。

大学全体が休みになるということは大学の施設も全て休みになるということなので、学生食堂や図書館も全部休みだった。結局今日は19時に近所の中華料理屋で食べたチキン炒飯大と卵スープ小の一食。こういうとき寮の食堂で普段から料理をしている学生は強いと思った。大学が閉鎖になったときに真っ先に飢えるのは自分かもしれない。
[PR]
←menuへ