国連開発計画(UNDP)インターン応募進捗

先週のNew York Carerr Tripの縁で応募した国連開発計画(UNDP)の民間セクター市場開発のインターンについて、ショートリストに残ったとの連絡が職員からメールであった。下記の書類を1月28日までにEメールで当該部署宛に提出するようにとのこと。

1. 大学院在学証明書
2. 大学院成績表
3. UNDPインターン申込フォーム

申込フォームには入っている健康保険、生命保険の提示をすることも求められていて、そこが若干厄介だ。国連でのインターンは無給でインターンに対する保障がないので、自分自身が保険でそれをカバーしていることを示さなければならないということだと思う。特にUNDPは途上国に行く機会が多いので、その点についてかなりセンシティブなのだろう。だったら給料払って保険も適用してくれれば良いのにと思うのだが、厳しい予算下でそうもいかない状況らしい。

書類を提出後、インタビューの連絡があるとのこと。職員からは恐らくインターン前にニューヨークに来させるようなことはしないと言われたので、電話インタビューになる可能性がある。OCSや国連志望の学生とインタビューの練習をしておく必要がありそうだ。スケジュール的にインタビューは3月で、インターンが決まるのは学期が終了する5月10日のかなり直前になると思う。
[PR]
←menuへ