アムトラックの旅 2010冬 オーランド①

長かったニューヨーク滞在も終わり、1月6日15時15分発のアムトラックSilver Meteorでニューヨークペンシルバニア駅からフロリダ州のオーランド(Orlando)へ向けて出発した。途中何か面白いことがあれば良かったのだが、座席が通路側だった上に停車中一度も外へ出なかったので、列車を降りたときはオーランドという結末だった。21時間40分の乗車で車中一泊という行程だったが、前回の全米一周旅行のときより疲れた。多分前回は乗車を重ねる中で旅慣れていったからだと思う。今回は隣に人がいて、十分にスペースを取って寝られなかったこも大きい。今回の旅行で一応通常の全米一周時に乗車する列車には乗れたことになる。前回全てに乗れなかったのは、今だに続くニューオーリンズ−マイアミ間で行われているハリケーンカトリーナ被害に関する復旧作業のためだ。

オーランドには予定より少し遅れて13時過ぎに到着した。アメリカの路線にしては良い方だと思う。アムトラックの駅は市街地と前々関係ないところにあるので、20ドルの乗合シャトルでホテルまで行くことにした。ただ、乗合といっても乗客は皆地元の人達だったようで、自分以外の乗客にはほとんど迎えが来ていたため、シャトルに乗ったのは自分1人だけだった。宿泊先はインターナショナルドライブというリゾートホテルが密集した地域にあるRamada Convention Center I-Driveというホテル。あいにくオーランドでホステルを見つけることができなかったので、ホテルの中で一番安いところにした。ここは一泊50ドル程度で、ニューヨークのホステルのピーク時と同じぐらい。

チェックインした後は、2日後に参加予定のWalt Disney World Marathonのゼッケンを受け取りに、タクシーでディズニーワールドまで行ってきた。ここはディズニーランドではなくディズニーワールドなので、施設の規模も大きく、複数の施設が広い敷地内に点在している。マラソンのゼッケンを受け取る場所の住所が事務局からのメールに記載されていなかったので、仕方なくEPCOTという4つあるディズニーワールド内テーマパークの1つに行き、そこから道を聞いてシャトルバスでゼッケンのピックアップ場所まで行った。

ゼッケンのピックアップ会場はESPN Wide World of Sports Complexというところで、色々なスポーツイベントが開催されるところらしい。会場の脇には大きな芝のグランドがあり、テレビ画面でそこで行われたサッカーやバスケットボールの試合のビデオを流していた。Walt Disney World Marathonは16,000人程度の参加があるのだが、その前日にハーフ、その前日に5km等と距離別に毎日レースがあるので、総参加人数はかなり多い。自分が行った時間帯もかなり多くの人が並んでいた。今日は明日のハーフと明後日のフルに参加する人達の両方がいた分、特に混んでいたのかもしれない。会場は上手くできていて、ゼッケンや荷物預け用の袋を全て受け取るためには会場で催されているEXPOの展示を全て通らなければならなくなっている。展示にはナイキやミズノ等のスポーツメーカーの展示即売を始め、マラソン用補助食品売り場や他のマラソンイベントの勧誘ブース等、色々な種類のものがあった。面白かったので、無理矢理そこを通されたという感じはしなかった。

今日受け取ったものは、ゼッケン、荷物預け用の透明な袋、ミッキーの長袖Tシャツ、(分厚い)イベントプログラム、月曜日のディズニーワールド無料招待カードだった。無料招待カードは、完走メダルと一緒に提示するとマラソン翌日の月曜日に無料でディズニーワールドへ入れることになっているもの。完走しないことには使えないので、最悪でも7時間以内でゴールするということは果たさないといけない。メダルは絶対にもらっておきたいしディズニーワールドで遊んで元も取らないといけないので、4時間を切れるかどうか以上に完走という課題は重要だ。

Amtrak Orlando駅
a0170095_8555992.jpg


ESPN Wide World of Sports Complex
a0170095_8591164.jpg


会場脇のグランド
a0170095_901083.jpg


EXPO会場
a0170095_912515.jpg

[PR]
←menuへ